> > ポイントは「触ったら柔らかそう」!男がソソられる肌をつくるメイクテク2つ

おすすめ記事一覧

ポイントは「触ったら柔らかそう」!男がソソられる肌をつくるメイクテク2つ

2014/01/03 12:00  by   | 男性心理

女たるもの、毎日のメイクに時間をかけるのは重要と考える人も多いでしょう。会社でも、プライベートでもメイク崩れは心配事の1つ。いつでも目の前の男性にキレイだと思われたいのがホンネですよね。

では、男性からいい印象を持たれるにはどうしたらいいのでしょうか? 今回はメイクの専門家AiLOGIC代表の寺長根あいさんに、男性から“いい女!”と思われる肌を作る方法を伝授していだきました!

 

1:すっぴんでもキレイなんだろうなと思わせるベースメイク

「ファンデーションの厚塗りは、モード系ファッションに合わせてだったり、写真撮影をする時には良いのですが、日常生活において、かつ男性目線を考慮すると、やはりなるべく避けたいところ。

ポイントは“この人、すっぴんでもキレイなんだろうな”と思わせることなのです。たとえ、本当はメイク顔とすっぴん顔が違ったとしても、です。ファンデーションの役割は、肌色を補充する程度のもの、とお考え下さい。

なので、シミ、ソバカス、ニキビなどの気になるトラブルがあったとしても、それをファンデーションで隠そうとは思わないように。カバーするのはコンシーラーにバトンタッチしましょう。

“ファンデーションは薄く&コンシーラーでトラブルカバー”がポイント。手間はかかりますが、これで接近戦もOKなベースメイクが仕上がります」

男性に初めてすっぴんを見せるのは誰でも勇気がいるものです。男性は、女性がメイクで印象が変わるコトを知っています。だからこそ、すっぴんの魅力を想像させるのが効果的なのですね。

 

2:“触れたら柔らかそう”を連想させるベースメイクテクニック

「女性は無条件に“ツヤ肌=美肌”と思い込んでいる人も多いのですが、男性からすると“なぜ肌が光っているのか”という不自然さを感じる方も多いようです。

ツヤ肌メイクは、肌にハリがあるように見せたり、小ジワを目立たなくさせたり、イメージを華やかに見せるというメリットもありますが、骨格が浮き出て見えて、ゴツゴツした感じに見えたり、女性らしさというよりもシャープな印象に見えることもあるので、要注意なのです。

“触れたら柔らかそうな肌”というのは、ツヤを出さず、マットに仕上がっている質感の肌です。(厚みを出すのではなく、光らせないという意味のマットです)」

赤ちゃんの肌は、つい触れてしまいたくなりますよね。目指すはあのモチモチしっとり肌! ハリのある肌も重要ですが、硬いイメージを与えないように注意が必要そうです。

 

いかがでしたか? メイク技術で変身をしたり、イメージチェンジをすることは可能ですが、あまりにも不自然なメイクは逆効果なこともあります。

男性からの印象をよくしたい場合には、作り物感を出さないメイク方法を実践することをオススメします!

 

【関連記事】

やっぱいつまでも子供?男性がやりがちな「好きな女性への裏腹な行動」3つ

あるある!男性がついやってしまう「好きな女性へのちょっとウザい行動」3つ

キレないで!「怒りっぽいオトコが多そうな都道府県」第1位はアソコ

1位は納得!? 2013年の結婚出産「有名人ベストカップル」ランキングが判明

それやると大失敗!男性に違和感を与えるNGメイクのポイント6つ

 

【参考】

※ 寺長根あい・・・AiLOGIC代表。メイクサロン及びスクールの運営をしながら、テレビや雑誌等、タレントのメイクも手掛ける。メイクセミナーやイベンド企画など、多方面において、勢力的に活動中。メルマガは『メイクアップ人生』、Blogは『AiLOGIC BLOG by Ai Teranagane』、HPは『AiLOGIC』。Facebookは『メイクアップ人生』

 

【画像】

by queercatkitten

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'大山奏'の過去記事一覧