> > 運命の相手は●番目の恋人!実は「恋愛経験人数」で決まっていたと判明

おすすめ記事一覧

運命の相手は●番目の恋人!実は「恋愛経験人数」で決まっていたと判明

2014/04/07 22:00  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

白馬に乗った王子様……なんて本当にいるのッ? まぁ、白馬には乗ってこないでしょうし、王子様でもないでしょうが、「運命の人は、どんな人かしら?」なんて、ちょっとロマンチックに思うときもありますよね。

今回は、自分の相手が“運命の人”であるかどうか、直感ではなく数字で判断してみましょう。

イギリスのニュースサイト『MailOnline』が、男女2,000人を対象におこなった“長続きする恋愛の要因”に関する調査結果に関して、記事にしました。

調査によると、性格が合うなどの感覚的要素と同じくらい、“いままでの恋愛経験人数”が重要であるというのです。パートナーが5人目であれば、運命の人である可能性が高いとのこと。

いったいどういうことか、詳しく見ていきましょう。

 

■キーとなるのは“5人目の恋人”

心理学者コリーヌ・スイート氏が“長続きする恋愛の要因”を調査するために男女2,000人にヒアリングしたところ、ほとんどが5人目の恋人で落ち着いていたそうです。

また、男女ともに25パーセント、つまり4人に1人が、パートナーの元カレ・元カノの数は4人であるはずだと思っていることがわかりました。

コリーヌ・スイート氏によれば自分自身が確信をもつために、5人の経験が必要なのだといいます。5人目にもなると、恋愛の経験も豊富になり、自分が何を求めているかがわかるようになり、その結果、相手を“運命の人”と自信をもっていえるようになるそうです。

 

■「俺は彼女にとって初めての相手だ」という幻想

しかしながら、男性の21パーセントは、いまだに自分は“運命の人”の最初のパートナーであるはずだと信じていることもわかりました。

いまどき、“最初の人”だなんてことはあまりないと思いますが、なかなかロマンチックな男性も多いようです。

 

いかがでしたか。運命の人というと、直感的にビビビ!と感じるもののような気がしますが、感受性のよほど強い人でない限り、そのような感覚を受けるのは難しいのではないでしょうか。

多くの人は、恋愛の経験により、“自分が相手に何を求めているかを知り、それをふまえて、それにそった相手かどうか確かめる”というプロセスを経て、運命の人かどうか感じているようです。そしてそれは5人目の相手であることが多いようです。あなたはどうですか?

 

 【関連記事】

※ 恋活女子は必見!価値観の合うパートナーに出会える「運命のイベント」3つ

※ 「生まれ変わっても同じ相手と結婚したい?」突極の質問の答えは…

※ 「頼むから俺と結婚してくれ!」と男が群がる女の特徴11個

※ 愛があればいいなんて嘘!夫がガチで望んでる「理想の妻の条件」3つ

※ この子と結婚してもいいの?同棲中の男子がチェックしている女子のポイント

 

【参考】

※ Reached your fifth sexual partner? Then stop! Five is the magic number for finding Mr or Miss Right – MailOnline

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'平松隆円'の過去記事一覧