> > 料理ベタに朗報!? 結婚すると女性の9割が「自然と料理上手になる」と判明

おすすめ記事一覧

料理ベタに朗報!? 結婚すると女性の9割が「自然と料理上手になる」と判明

2014/05/27 18:00  by   | 結婚

「実は、どちらかというと料理は苦手」という女性って、案外多いですよね。毎日仕事で忙しければ、日々の食事は当然手ぬきになりがちで、上達する機会をつくるほうが難しいというもの。

でも、そんな隠れ料理ベタのみなさんに朗報!?です。

手づくり料理でつながるスマートフォン向けサービス『ペコリ』が、会員の既婚女性778名を対象に「結婚と料理」に関する実態調査を行ったところ、なんと9割の女性が「結婚後に料理の腕があがった」と回答したのです。

ではさっそく調査の中身をみてみましょう。 

 

■5人に1人が料理得意なフリ

 「結婚前、あなたは料理が得意でしたか?」という質問に対し、「得意だった」と回答した人は約半数の51%。残り49%の女性は「苦手だった」と答えています。

そうなんです! 約半数は料理ベタ、料理が苦手な女性は少なくないことがこの調査からも証明されました。なんだか少し、安心しちゃいますよね。

ちなみに「結婚前、夫の前で料理が得意なフリをしたことはありますか?」という問いには、なんと5人に1人が「ある」と回答。しかしそのうち47%の女性が、実は料理ベタだったことに夫は「気づいていないと思う」と答えています。

料理ベタってけっこう隠し通せちゃうものなのか、実は夫が遠慮しているのか、その真偽が気になるところですね。

 

■料理上達の秘密は毎日のけなげな工夫

 そんな料理ベタ女子たちも、結婚後は料理をつくることが日常となり、場数をこなしてゆくためか「結婚前と結婚後を比べて、料理の腕があがったと思う」女性は86%と、約9割の女性がYESと回答。

しかも夕食をつくる平均時間は52分と、手早さも磨かれている様子です。

コメントをのぞいてみると、「レンジで材料を柔らかくしてからつくる」「レンジやケトル、圧力鍋を活用!」「材料を切っている間にお湯を沸かして、焼いている間にソースをつくる」などなど、調理アイテムの活用や効率のいい“ながら料理”で行程を同時進行するなど、さまざまな工夫や努力がうかがえました。

 

ちなみに、人と親しくなりたいときには一緒に食事をすると効果的だということをご存じでしたか? アメリカの心理学者、グレゴリー・ラズランが命名したランチョン・テクニックで、“人は食事中に関わりあった人やものを、無意識のうちに好きになる”というものです。

たとえ料理が苦手であっても「一緒に食べる時間を楽しくしよう」という気持ちがあれば、それはきっと彼に伝わるはずです。ぜひ試してみてください。

 

【関連記事】

※ 彼と喧嘩をする時「使っちゃいけないアウトな言葉」11個

※ 男性に「料理上手と思ってもらえる簡単メニュー」ベスト10

※ 1日3杯の味噌汁が「真夏にモテる美肌づくり」の秘訣と判明

※ グッときたわ~!誰でもできちゃう「風邪ひき男子を落とす」手料理とは

※ 男をあやつる魔法の呪文!モテ女が必ず使う「秘密の言葉」7つ

 

【参考】

※ 「結婚と料理」に関する意識・実態調査 – ペコリ

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'タニハタ マユミ'の過去記事一覧