> > 退屈バレバレ!モテ女は絶対使わない「会話が凍るNGワード」3選

おすすめ記事一覧

退屈バレバレ!モテ女は絶対使わない「会話が凍るNGワード」3選

2015/02/02 21:30  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

退屈バレバレ!モテ女は絶対使わない「会話が凍るNGワード」3選

「意中の彼を前に、つい緊張して余計なことを喋り過ぎてしまった」なんて苦い思いをした経験はありませんか? 実は、男女に限らず、会話は相手の出方を見てから……“後出し”したほうが断然有利らしいのです。

今日は、『後出し会話術』の著書がある内藤誼人さんのお話を参考に、モテる女性は絶対に使わない“会話が凍る”NGワードをまとめていきましょう。

 

■1:相手の会話を遮る「そんなことより」

自分が一生懸命話をしているときに、「そんなことよりさぁ~」なんて言い方で話題を転換されたら、イラッとしますよね。内藤さんによると、「たとえ相手の話にまったく興味が持てなくとも、退屈であったとしても、すぐに話題を変更するのはNGです」とのこと。

とはいえ興味のない話を聞き続けるのは、やはり苦痛です……。

それでは興味のない会話を楽しむには? 内藤さんいわく「積極的に(会話に)関わることが大切」だそう。相手の話が終わった後や会話が自分に向いたとき、的を得た質問や提案を返せるように想定しながら、しっかりと話を聞く。そういった目的意識をもっていれば、つまらない話にも集中できるはず。

 

■2:安易な「大丈夫」はミエミエ

相手がちょっとした相談をもちかけたとき、よかれと思ってすぐに「大丈夫だよっ!」と言ってあげていませんか? 

実はこれはNG。相手にしてみれば、“大丈夫ではない”という感情ありきで相談している話。つまりあなたが相手の話をよく聞かず、安易に「大丈夫」と言うとき、相手の感情を全面的に否定しているのです。

「相手の感情を受け入れているようでいて、本当はまったく受け入れてないことがミエミエですよ」と、内藤さんからは耳の痛いお言葉も(涙)。

これは、「この話はつまらないよー。早く終わらせようよー」と言っているのと同じなんだとか。

「安易な元気づけや励ましはしないほうがいい。それならば、ただ、静かに相手の目を見て、相手が話していることに耳を傾けましょう」

 

■3:威圧感たっぷりの「で?」

そして最後がこちら。「で?」と言われると、不思議な強迫観念で相手に威圧感を与えてしまうので要注意!「聴き方がヘタな人は、相手をせかすこともよくする。相手は圧力を感じて、話す気が失せてしまう」のだと内藤さん。

「相手が話しているときには、質問するのもやめたほうがいい。相手の思考の流れを分断してしまい、なおさら話がわかりにくくなりますから」

 

以上、いかがでしたか?

無意識のうちに使ってしまっていたという方は、今後のデートで実践してみて。これまでとは一変! 相手の会話を引き出すことに成功するはずですよ~。

 

【関連記事】

※ 既読ムシよりツラい!LINEで「未読スルーさせない」裏ワザ4つ

※ 夜も眠れない!? 今晩カレに「アナタのことを妄想させる」方法4つ

※ 女と全然違う!オトコが「別れた後に実は内緒でしてるコト」3つ

※ 性欲の豆知識で逆算!オトコが「だんだん好きになっていく」テク

※ 知ってた?合コンより高確率「運命の人と出会える場所」トップ3

 

【姉妹サイト】

※ 誰にも聞けない!上司にキャバクラに連れて行かれたときの心得5つ

※ ギャン泣きする赤ん坊にイライラせず気持ちが楽になる方法があった

 

【取材協力】

※ 内藤誼人・・・心理学者。立正大学客員教授。アンギルド代表。慶應義塾大学社会学研究科博士課程卒。ビジネス心理学の第一人者で著作は200冊を超える。

 

【参考】

※ 内藤誼人(2015)『後出し会話術』(小学館)

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'渡辺ゆきち'の過去記事一覧