> > 1位は篠原涼子出身のアノ県!「汚肌県」日本一に輝いたのは…?

おすすめ記事一覧

1位は篠原涼子出身のアノ県!「汚肌県」日本一に輝いたのは…?

2015/04/09 07:30  by   | 自分磨き

肌がきれい。これだけで、少しくらい頭が悪くても女としては上をいってる気がしますよね。お肌の曲がり角をとっくに過ぎていようと、死ぬまできれいな肌でいたいと思うのは女の本能。60過ぎても湯上がりたまご肌、めざすは桃井かおり大先生です。

過去記事「アレが綺麗だと仕事も有利!8割の女性が“自信ない”お手入れ法とは…」によると、男性の48.2%が異性に近づいたときによく目がいくところは「肌」と回答しているように、肌がキレイなだけで男も引き寄せられるときています。

女性にとって死活問題でもあるお肌ですが、ポーラが発表した女性の肌に関する調査では、都道府県でその“きれい度”がランクづけされました。無残にも“汚肌県”に認定されてしまったアノ県とは?

 

■温泉で有名なのに……汚肌県1位は?

同調査では47都道府県で集まった女性の肌データ60万件を分析し、「角層細胞が整っている、シワができにくい、シミができにくい、ニキビができにくい、肌がうるおっている、キメが整っている」といった6つの観点から美肌偏差値を算出しました。

その結果、ワースト1位に輝いたのは“群馬県(美肌偏差値25.6)”。温泉も多いし、美容に良いコンニャクの産地なのにナゼ?と疑問もわきますが、日照時間が長いことや生活習慣が悪いことなどが原因となっているようす。続く46位も栃木県(31.1)と、全体的に北関東グループはふるわない結果になりました。

群馬県といえば、素肌がきれいで有名な女優の篠原涼子さんの出身地でもありますが、あの美肌には“不利な環境においても地道なお手入れを続けていけば誰もが変われる”という深いメッセージがこめられているのかもしれませんね。

 

■美肌になりたきゃ出雲へ

群馬県に47.3ポイント差をつけて、美肌トップに輝いたのは島根県(美肌偏差値72.9)。角質細胞1位、シワができにくい2位、肌がうるおっている2位と、各部門で高数値を記録しました。

大気中の水蒸気量が高く日照時間も短いため、美肌にうれしい環境がそろっているのが理由とされていますが、トップ陣を見ると、2位は高知県(66.8)、3位:愛媛県(66.2)、4位:富山県(66.1)、5位:石川県(62.1)と美肌県は中国・四国、北陸に集中していることがわかりました。

温暖な気候で海に囲まれて暮らすことは、美肌にとって重要な環境条件。関東平野での仕事に疲れてお肌もボロボロになってしまったら、ぜひ出雲大社へ旅行してみましょう。

保守的でシャイだと言われる島根の男たちが、傷ついたあなたを優しく迎えてくれるはず。しばらくのんびり暮らしてみれば、美肌+堅実な夫候補が手に入るかもしれませんよ。

 

他にも、生活習慣がマックス悪そうな若者が多い東京都は11位と検討、色白美人が多そうな北海道は18位という結果に。

あなたの出身地はどうでしょう? 順位が悪くても、自分の肌が汚いのを県民性のせいにしないように!

 

【関連記事】

※ アレが溜まるとガサガサに?汚い肌が「トゥルットゥルに」なる方法

※ アソコが汚いぞっ!男が見逃さない「彼女の手抜き行為」6つ

※ アイス食べておなら…!「男が100年の恋から冷めた瞬間」4つ

長い付き合いでも一瞬で終わり!男性が「恋人に冷める瞬間」トップ3

これで「いびき女」から卒業!今知っておきたい最新治療法

 

【姉妹サイト】

※ 心地よさがやみつきに!働き女子が「ガード下で飲む」意外なメリット4つ

※ 歯磨き、ムダ毛処理…「女子が風呂でやること」実はNGなのはどれ?

 

【参考】

美肌県グランプリ2014 – ポーラ

 

【画像】

by panqi

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'三井さおり'の過去記事一覧