【連載29:AFTER】「ブラとパンティになれよ…」ついに覚悟を決めて思考停止した

「授業が終わったら、ふたりで何か楽しいことをする」そう約束していたテッサとハーディン。 テッサを車で迎えにきたハーディンは、うるさいロックをかけながら、人気のない場所へ向かいます。誰もいない静けさの中、テッサはハーディン…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存