> > 男性にとって自分をさらけ出せる相手は「自分しかいない」と判明!

おすすめ記事一覧

男性にとって自分をさらけ出せる相手は「自分しかいない」と判明!

2013/07/04 22:00  by   | 男性心理

ここ最近、TwitterやFacebook、LINEにかける時間に負担を感じる人が増えているようです。

SNSの普及で、多くの人に自分の状況を伝えたり、気持ちをつぶやいて心の重荷を減らすことが簡単にできるようになりました。でもその反面、義務感でSNSを続けている人も多いとのこと。「自分の個人的な悩みを聞いてもらうなら、やっぱり恋人がいいな」と考える女性も、多いのではないでしょうか。

やっぱりいちばんリラックスできるのは、パートナーの隣ですものね。家族の前で見せられない本当の姿を見せられるのも、心を許した彼氏だけと思います。

今回は、マーケティング・リサーチ会社の『クロス・マーケティング』が、全国の20歳代および30~59歳の男女を対象に実施した“若者に関する調査”の結果を元に、“自分をさらけ出せる相手”についての意識の違いをお伝えします。どうやら自分の飾らない姿を見せられる相手像には、男女間で差があるようです。さっそく詳しく見てみましょう。

 

女性にとって自分をさらけ出せるのは“家族・恋人”

同調査で、20代の女性が“素の自分を見せられる相手”として選んだのは“母親”が最も多く、次に“家族・恋人”と続きます。学校の友人という回答も多い半面、仕事関係の人の前ではほとんどの人が“自分を飾っている”ということがわかりました。本心を伝えたくても、相手に重いと思われたくないという不安から、元気なフリをしてしまうのかもしれません。

意外なことに、ネットで知り合った相手には素の自分を見せられない、という回答がありました。互いに顔がわからないネットだからこそ、飾らず気楽なコミュニケーションができると思っていましたが、やはりネット上で自然体でいるのは難しいようです。

 

男性はひとりの時間しか素の自分を見せられない!

一方、20代の男性からは「素の自分を見せられる相手はいない」「自分らしくふるまえるのは1人でいる時だけだ」と答えた方が最も多く、同世代の女性の倍近くになりました。

以前『Menjoy!』で掲載された「いま未婚男性が女性に求めている条件は「三等」と判明!」の中でも、未婚男性は各自のプライベート優先派が多いことがわかりました。女性としては少し寂しいところですが、男性にとっては、ひとりで好きなことに熱中できる時間を持つことが、リラックスに繋がるのかもしれません。よく言われているように、恋人との喧嘩の後には男性がひとりになれる時間を作るべきなのでしょうね。

 

ということで、素直に自分をさらけ出せる相手としては、女性が“家族・恋人”を重視しているのに対し、男性は「ひとりがいい」と考える傾向があることがわかりました。

カノジョとしては、恋人の彼からは何でも悩みを打ち明けてもらって、一緒に乗り越えたいと思うかもしれませんが、男性にとっては「放っておいてほしい」というのが本音のようです。彼が何か悩んでいたら、“1人時間を与えてそっと見守る”ほうがいいのかもしれませんよ。

 

【関連記事】

胸キュン確実!女子高生が思う「理想の手のつながれ方」ベスト3

男性の●割が「いい匂いのブス」より「クサイ美人」を選ぶ結果に!

否定してもムダ!彼に求めるものはやっぱり「自分のお父さん」だった

なんと6割の既婚者が「夫以外の理由で離婚を考えたことがある」と判明

 

【参考】

若者に関する調査 – クロス・マーケティング調べ

 

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'大山奏'の過去記事一覧