> > いつも半年と持たないのはナゼ?恋を長続きさせる3つの心得

おすすめ記事一覧

いつも半年と持たないのはナゼ?恋を長続きさせる3つの心得

2013/07/18 17:00  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

彼氏はできるのに、いつも長続きしないという方、いませんか? 世の中には、一度付き合ったら何年も続く人もいるのに、この差は一体何なんでしょうか?

これについて今回お話を伺ったのが、「解決!ナイナイアンサー」などに出演されている体重103kgの恋愛カウンセラー・羽林由鶴さん。羽林さんは、子持ちのバツイチというさらなるマイナスの背景を付け加えたにもかかわらず、 なんと3年間に5人の男性からプロポーズされたというモテモテなお方。

痩せずにオンリーワンになった先生に、“恋を長続きさせる方法”をご教授いただきました!

 

■1:最初に好きになりすぎない

「最初に好きになりすぎないこと! 最初がMAXだと、後は文句しかでてきません。“前はあぁだった”ばかりで、今からの未来設計がない。過去のことを言ってるうちはすぐ別れます。

そういう人の恋愛は、4ヶ月持てばいいほう。本人は大恋愛した、という気になるけどやってることはいつも一緒です。付き合って別れて、付き合って別れて……。いつまでたってもスキルアップしません。そのままずっと続けていると、何もなくなります」

鋭い指摘に「これ、私のことだ」とドキッとした人もいるのでは?

「好きのピークが最初からMAXになってしまうのは、外見で好きになってるから。嫌なことが起きたときに乗り越えられないと、本物じゃない。男は“めんどくせえな、おまえみたいなの他にもいるから”と思うと、女性の側も逆切れして、そういうので別れちゃうことが多い」

仰るとおりです。反省しましょう。

 

■2:ちゃんとしたケンカをする

「ちゃんとしたケンカができるカップルは意外と少ないものです。“ケンカしないんです私たち”って人、いるでしょ。でもそれで結婚した人は、一番マズイと思う。最初のケンカが元で離婚、とかなってしまう。“彼とは何でも一緒でした、同じ考えで同じようにやってきました、でも違ったんだ!”というときに乗り越えられなくなってしまう。ケンカはいっぱいしたほうがいいし、お互いに気持ちを伝えることはしたほうがいいです」

我慢しないでちょっとずつ出していくことが長続きの秘訣のようです。

 

■3:お互いに努力して協力しあう

「恋愛を長続きさせるポイントは、“一緒に協力して幸せになろうと努力できるかどうか”だけですよ。恋愛は相互協力の話なので、相手が優しければいいとは限りません。優しいからといってお互いに何も決められず先に進めないのは、パートナーとして弱い。お互いが協力しあえることが大事です」

恋愛は相手ありき。自分だけが頑張っても難しいんですね。

 

以上、いかがでしたか?

いつも付き合って半年と持たない方は、今度彼と付き合うときにはぜひこの記事を思い出してください。合わない場合は早めに見切りをつけるのも大事です。それを判断するためにも、まだ引き返せるうちに意見をぶつけ合っておきたいですね。

 

【関連記事】

オトコが本当に「結婚してぇ!」となる女性の特徴10個

美人じゃないのにモテる!男性人気が高い女性の特徴

男性がつい心を奪われる「モテ女性」の特徴11パターン

恋愛カウンセラー直伝!男が離れられなくなっちゃう「いいオンナ」の条件4つ

ウソも方便!男にバレにくい「女性のちょっとしたウソ」10選

 

【取材協力】

※ 羽林由鶴・・・テレビ・雑誌等マスコミから大注目の103kgの太め女性恋愛応援カウンセラー。コンプレックスの塊から魅力的になる“やせずに幸せモテ女”という考え方を伝え続ける。著書『癒し系の女性になるヒント』(青春出版社)『なぜか恋愛だけうまくいかないあなたへ』(青春出版社)など。月額サイト(docomo)『恋愛オンチ脱出診断』が人気。HPにも恋愛アドバイスが満載。

 

【画像】

by ricard alonso ( indignat…però no sé per qué)

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'三井さおり'の過去記事一覧