旬の味覚で彼もホクホク!コンビニ食材で作れる「かんたん栗ごはん」

秋もいっそう深まり、きのこやサツマイモなどの食材を使った炊き込みごはんが美味しい時期になりました。 この炊き込みごはん、実家暮らしであればお母さんに作ってもらうことが可能ですが、一人暮らしとなるとなかなか口にする機会が少…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋もいっそう深まり、きのこやサツマイモなどの食材を使った炊き込みごはんが美味しい時期になりました。

この炊き込みごはん、実家暮らしであればお母さんに作ってもらうことが可能ですが、一人暮らしとなるとなかなか口にする機会が少なくなるものです。

コンビニのお弁当のそれを口にしても、なぜかほっこり感が欠ける上に、秋という季節も手伝って、ますます郷愁の念にかられる男性も少なくないはず。

そんな中、季節を感じる美味しい炊き込みごはんを、カレの家やホームパーティーなどに差し入れすることができれば、あなたを見る男性の目は確実に変わります。

そこで今回は、拙著『彼の家に作りに行きたい!純愛ごはん』の中から、“あたりめと甘栗入り炊き込みごはん”の簡易レシピをお届けします。用意するのはコンビニで買える、甘栗とあたりめだけ。さっそくレシピをご紹介!

 

■あっという間に作れる!かんたん栗ごはん

<あたりめと甘栗入り炊き込みごはん

(1)米を洗い、通常より大さじ2ほど多い水加減をする。

(2)はさみで切った細かく切ったあたりめと甘栗、酒と醤油を適量を入れて普通に炊く。

(3)炊き上がったらさっくりと全体を混ぜ合わせて、出来上がり。

(※詳しい材料は『彼の家に作りに行きたい!純愛ごはん』に掲載されています)> 

あたりめの旨味がだしとなってごはんに染みわたり、そこに甘栗のほど良い甘さがマッチした栗ごはん。差し入れする場合は、手軽なおにぎりにすれば、さらに女子力が上がります。

 

以上、今回はコンビニ食材で手軽に作れる秋ごはんのレシピをお伝えしましたが、いかがでしたか?

急なお誘いであれば、なおのこと、仕込みやスーパーに買い物にいく時間をとることができないのが、現代の働く女性でしょう。そこを踏まえて、コンビニ食材だけでできるようになっているこのレシピ、ぜひ試してみてくださいね!

 

【参考】

※ オガワチエコ(2013)『彼の家に作りに行きたい!純愛ごはん』(セブン&アイ出版)

【写真】

by 大崎えりや