ダメンズから華麗なる変身!「これ1着で大丈夫」オトコの勝負服3つ

寒い冬が過ぎれば、新年度を迎える春は転勤、転校に伴う引越しの季節。自分じゃなくてもあなたの身近な兄弟や彼氏の中には、新生活が始まる方も多いのではないでしょうか。 そんな今までの自分を知らない環境は、これまでのイメージを拭…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い冬が過ぎれば、新年度を迎える春は転勤、転校に伴う引越しの季節。自分じゃなくてもあなたの身近な兄弟や彼氏の中には、新生活が始まる方も多いのではないでしょうか。

そんな今までの自分を知らない環境は、これまでのイメージを拭い、生まれ変わったように新しい自分を表現するのに絶好の機会。今までなんとなく冴えなかったイメージを、完全に打破できるチャンスです。

今回は、これ1着で冴えないイメージを打破できる、いうならば“大人男性の勝負服”をスタイリストである筆者がご紹介いたします。イケてないよりはイケてるほうが絶対いい。彼氏や兄弟にぜひ教えてあげましょう!

 

■1:スーツはサイズの合ったものを

まずは“スーツ”。男性のスーツ姿は、女性からモテるためのテッパン服。普段ビジネスで着慣れている男性にとっては、このスーツの魔力をいかさない手はありません。そんなスーツの魔力をいかせていない原因の多くは、サイズが合っていないスーツを着ていること。

スーツは男性の勝負下着といっても過言ではありません。よってサイズが命。体のラインを綺麗にみせてくれるスーツは、着ている男性の魅力を数段あげてくれます。スーツ姿がなんとなくイケてないと感じたら、今すぐ新調することをアドバイスして。

 

■2:ビジカジジャケット

続いては“ジャケット”。ここでいうジャケットは、スーツを着るほどではないけれど、きちんとした格好をしたいときに使える、いわばビジネスカジュアル向きのジャケット。

平日はスーツ、休日は家にあるものをそれとなく着るという男性にはマストな1枚です。これ1枚羽織るだけでちょっとした外出であっても、いまいちイケてない私服がすっきり洗練された装いになります。

 

■3:レザーブルゾン

最後は“レザーブルゾン”。そもそも春先のアウターは、羽織りものならGジャンしかないという男性は多いですよね。しかしレザーブルゾンはアラサーアラフォーになれば1枚あると、非常に助かる困ったときに便利な1枚なのです。

思い切りカジュアルな装いに、羽織るものがないからと仕事用のビジネスコートを着るのはそもそもミスマッチ。だからといってカーディガンやパーカーのようにラフ過ぎるアウターでは、大人の貫禄も台無しに。

そこでレザーブルゾンはそれらミスマッチも貫禄ナシも打破。大人の休日着にしっかりマッチしてくれて、素材そのもののツヤ、そして質感が、男性的色気、落ち着きを与えてくれるのですよ。この威力、使わないと大損です。

 

一緒に歩くならイケてる彼がいいですよね! 彼だけでなく周りにいる「服さえ変えれば輝くのに……」と内心感じている冴えない男性にも、ぜひ教えてあげてくださいね。

 

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!