拒否ってないのに!オトコが「なぜかあきらめる」NGフレーズ3つ

好きなタイプの男性に精一杯アプローチしているはずなのに、相手はなぜだか“察しモード”で退却。「俺脈ナシ認定されてるわー」なんて思い込んでいたりして。 え、私の好意伝わってないの? なんて感じることがあると思います。 今回…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

好きなタイプの男性に精一杯アプローチしているはずなのに、相手はなぜだか“察しモード”で退却。「俺脈ナシ認定されてるわー」なんて思い込んでいたりして。

え、私の好意伝わってないの?

なんて感じることがあると思います。

今回は、“拒否ってないのになぜかオトコを諦めさせてしまうフレーズ”を、恋愛コラムニストの塚田牧夫さんに聞いてみました。

みなさんは、こんな自滅をしていませんか?

 

■1:「今度また飲みましょうね」

「積極性のない女性が、飲み会のあとに“いいな”と思った男性に懸命にアプローチをすると、こんな感じになってしまいがち。

“今度また飲みましょう”。

よほど勘違いな男性でない限り、これはただの社交辞令として受け取ってしまいます。“ぜひ飲みましょう! いつですか? 明日? 今日でもいいですよ!”なんて言ってくる男性はいませんからね。

せっかくなら、“今度また2人で飲みましょう”と勇気を出すべし」

 

■2:好みの芸能人を言ってしまう

「飲みの場などで、好みの芸能人、タイプを言ってしまうのも考えものですね。

とくにそのとき、あなたの意中の男性と異なった特徴のタイプをあげないこと。

いくら芸能人でも、“オレとぜんぜん違うな”と思ってしまえば男性は及び腰になってしまいます。

さりげなくでもいいので、その男性に似たタイプの芸能人を挙げておきましょう」

 

■3:ランチにされてしまう

「気になる男性から“食事でもどうですか?”のお誘い。

しかしあいにく都合があうのが、昼の時間帯のみ。

“日曜日のお昼はどうですか?”と勇んで返信しても、相手はガックリです。

食事を誘われたら、必ず夜の時間帯でOKを出しましょう。そのためには少しくらい予定が先になってもかまいません。

とにかく、ランチで対応されてしまうと男性はそこでしぼんでしまいますから」

 

いかがでしたか?

みなさんも、うっかりな発言でせっかくの両想いを無駄にしてしまわないようにしましょうね。

 

【取材協力】

※ 塚田牧夫・・・ライター。モテない中年。家電、電子小物などガジェット系を専門に雑誌・ウェブで活躍する傍ら、遅すぎるモテ期を自らの手で到来させるべく、日夜モテる男子にモテ指南を受け、情報収集にいそしんでいる。最近始めたモテ用Twitterアカウントは @tsukadamakio 。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!