ちょっと待って!オトコが「恋愛のマウンド」から降りる瞬間4つ

つねに女性好きで、いつも「合コンしたいー」や「イイ女いないかな」などとたわごとを言っている男性にも、“恋愛のマウンド”から降りる瞬間はやってきます。 悲しいですが、彼らにも引退というものがあるんですね。 今回は、最近恋愛…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

つねに女性好きで、いつも「合コンしたいー」や「イイ女いないかな」などとたわごとを言っている男性にも、“恋愛のマウンド”から降りる瞬間はやってきます。

悲しいですが、彼らにも引退というものがあるんですね。

今回は、最近恋愛からの引退を真剣に検討しているという恋愛コラムニストの塚田牧夫さんに“男性が恋愛のマウンドを降りる瞬間”について聞いてみました。

マウンドを降りようとしている直前の男性なら、カンタンにゲットできてしまうかも? 

 

■1:40歳近く

「まず、年齢というのは絶対的な基準になると思います。

30代なら全然ですし、むしろ一番脂が乗っているとすらいえますが、40代に差し掛かる時点で、“俺の青春は終わったな……”とマウンドから降りる覚悟が固まってくる男性が多いようですよ」

 

■2:子供ができた

「男性はしぶとく、また浮気な性格なので、結婚くらいじゃマウンドを降りないことは女性のみなさんならご存知でしょう。

しかしそんな彼らも、子供ができてしまえば話は別。“さすがに、もう恋愛とか言ってられないな……”と諦めがつき、家庭にすっぽりと収まってしまう男性がほとんどです」

 

■3:あまりにもモテない

「自分があまりにもモテず、恋愛なんてものは、すればするだけ恥の重ね塗りになってしまう。こんなことなら、一層のこと仕事一本に打ち込んでみようか。

こんなふうに、いい意味で恋愛に対するあきらめが付く場合には、早々と2、30代でもマウンドから降りる男性もたくさんいます。

またこういった男性は意外にもエリートに多く、言ってしまえば近くにいる適当な女性と、恋愛もろくにせずにさっさと結婚してしまうのも特徴です」

 

■4:風俗最高と思ったとき

「風俗という罠にはまった男性は、“ココこそ真のロマン”と思い込み、相手の気持ちを読んだり、気を遣ったりする面倒な現実の恋愛を捨て、シンプルな肉体関係にハマっていってしまいます。

そうなるとほぼ間違いなく、もう本物の恋愛をする気にはなりません」

 

いかがでしたか?

男性はこのようなタイミングでマウンドを降りますが、逆にみなさんならどんなタイミングで降りるのでしょうか?

ぜひ、Menjoy!編集部までコメントをお待ちしております。

 

【取材協力】

※ 塚田牧夫・・・ライター。モテない中年。制作会社代表。家電、電子小物などガジェット系を専門に雑誌・ウェブで活躍する傍ら、遅すぎるモテ期を自らの手で到来させるべく、日夜モテる男子にモテ指南を受け、情報収集にいそしんでいる。