たまには存在をアピール!誰にもウザがられない「あざとい投稿」3つ

LINEやFacebookなどは非常に楽しくて便利ですよね。ところが、思わぬ落とし穴も。実は楽しんでるのは投稿してるあなただけで、みんなからは、ウザがられていませんか。 いつのまにか、たくさんの友達に非表示設定にされてい…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEやFacebookなどは非常に楽しくて便利ですよね。ところが、思わぬ落とし穴も。実は楽しんでるのは投稿してるあなただけで、みんなからは、ウザがられていませんか。

いつのまにか、たくさんの友達に非表示設定にされていた……なんて、よくあるお話。

そこで今回は、そんな切ない目にあわないためにも、恋愛コラムニストでイラストレーターの若林杏樹さんに、ウザがれずにSNS投稿できる、あざといテクニックを教えていただきました。

 

1:写真は必ずつける。しかし自撮はキケン!

「どんな投稿でも、読んでもらうには写真が不可欠です。自分のパッと思いついたことをただ書きたいだけのときにも、空や風景の写真を撮って、オシャレに加工し、一緒に投稿しましょう。

また、自撮りの顔をアップする人がいますが、モデルか有名人でない限り、ウザがられること必至。自撮りするなら、全身が写っているもの……例えば服装コーデのような写真が良いでしょう。

どうしても自分の顔をあげたい場合は、人に撮ってもらったり、友達と写ったものや風景など複数の写真と一緒にアップしたりすると良いですね」

 

2:料理、ネイル、アクセなど……自作○○を毎日更新は×

「趣味のアピールは◎! そこから仕事へとつながったり、仲間が増えたりとプラスに働くことが多いです。しかし、毎日毎日更新していると、“またかよ”と思われてしまいます。

1ヶ月に1回ぐらいのペースで、“これは見て!”というものをアップする。多くても5点まで。そのほうが、記事の魅力が増して“いいね!”やコメントが増えます。

どうしても毎日更新したい方は、SNSへの投稿ではなく、自分のブログ開設などを検討してみてはいかがでしょうか? そのほうが自分アピールとしては潔く、好感がもたれますね」

 

3:集合写真をたくさんアップすると……!?

「大人になると、たくさんのコミュニティーができます。

楽しい写真をみんなと共有したい、という気持ちはわかりますが、大人数の集合写真ばかりだと、“友達多いアピールかな?”と思われがち。

“うらやましい”が“嫉妬”に変わると、男性だけでなく、女性からもウザがれてしまいます。

また、狙っている男子がいる場合は特に要注意です。自分の全然知らないコミュニティーを多く持つ女子は、ライバルが多いと勘違いされ、恋人候補からも外されますよ」

 

いかがでしたか?

SNSにアップしたいけど、ウザいかなぁ……と悩んだあげく、毎回投稿しないあなた。上記のポイントを注意して、たまには存在をあざとくアピールしてみては?

 

【取材協力】

※ 若林杏樹・・・恋愛コラムニスト兼イラストレーター。大学卒業後、大学の営業職員として全国を訪問。その後、今まで培った恋愛経験を生かし、恋愛コラムニストに。全国の迷える女子のため、モテ仕草からメイクまであらゆるモテテクを発信している。現在はイラストレーターとしても活動中。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!