女と好みが違う!オトコが大好きすぎて嫉妬レベルな「柑橘類」4つ

みなさんは、『Menjoy!』を読んでいるくらいですから、オトコとオンナが違う生き物だということは十分わかっているでしょう。 ですが、オトコとオンナがどのくらいどう違うのかをしっかりとわかっている方はそう多くないはずです…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは、『Menjoy!』を読んでいるくらいですから、オトコとオンナが違う生き物だということは十分わかっているでしょう。

ですが、オトコとオンナがどのくらいどう違うのかをしっかりとわかっている方はそう多くないはずです。 

そこで今回は、この時期いろいろな種類が旬を迎え、最も手に入りやすいフルーツとも言える柑橘類を例に、オトコの好みを探っていきたいと思います。

解説は私、料理と恋愛をコーディネートする料理研究家のオガワチエコです。

 

■1:レモンvs.ライム

まずは、レモンとライム。ここで、どちらを選ぶか。

お酒好きな男子にはライム、そうでない男子には唐揚げとレモンを与えましょう。

まず、この使い分けができないとお話になりません。

 

■2:スダチとカボス

次に、スダチとカボスを押さえましょう。

これらは、さりげなく焼き魚に添えると、年配の男子を感動させることができます。出身地に合わせてスダチ、カボスを選ぶと良いでしょう。ちなみに、スダチは徳島、カボスは大分の特産品です。

 

■3:グレープフルーツよりミカン

女性は美容や健康に気をつかうため、グレープフルーツが好きなのですが、男子はミカンが大好き!

冬になったら、2人でコタツに入ってミカン。

女性にとっては、なにげないシチュエーションですが、男子はいろいろと妄想をめぐらせたりするものです。それもこれもミカンのなせる技。グレープフルーツではこうもいかないのです。

 

■4:晩白柚(ばんぺいゆ)

最後に登場するのは、晩白柚(ばんぺいゆ)です。これは、食べたことない人が多いはず。20センチを超える大きさの柑橘類です。

例えば巨大ロボット、大盛りのご飯、巨乳など、とにかく男子はでかいものが大好き。

そこでこの晩白柚を出せば、その大きさに男子は目を輝かせることでしょう。それに、晩白柚は大きいので、二人で食べたらなおさら楽しいのです。

 

いかがでしたか?

みなさんも、これらの柑橘類をさっと出せる、フレッシュでさわやかにモテるシトラス系女子を目指しましょう。

 

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!