忘れてた!「カレシの誕生日が今日だと発覚」したときのフォロー3つ

みなさんも日々の生活が忙しいと、うっかりカレシの誕生日とか忘れちゃうこともあると思います。 そんなときカレシが怒ったり、悲しんだり、泣いたり、手足をバタバタさせたりする様子を見るのは、なんともせつないですよね。 うっかり…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんも日々の生活が忙しいと、うっかりカレシの誕生日とか忘れちゃうこともあると思います。

そんなときカレシが怒ったり、悲しんだり、泣いたり、手足をバタバタさせたりする様子を見るのは、なんともせつないですよね。

うっかり……が通じないこんなシチュエーション、果たしてどうやって切り抜けるべきか!?

今回は、自分の誕生日が毎月ありすぎて、相手の誕生日など覚えられないという元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんにお話をうかがいました。

 

■1:サプライズをしかけたフリをする

「実際、おどろいてるのはこちらですが、ここはもうやり通すしかありません。

“忘れたフリ”というサプライズ。これしかない!

“ビックリした? 忘れるわけないじゃん? 今日は●●くんの好きなことしよっ”などとのたまい、チューでもしとけば大丈夫でしょう」

 

■2:裸一貫でがんばる

「忘れたフリがうますぎて、相手が“本当に忘れてたんじゃねぇーの?”と不機嫌になってしまった場合。

確かに、こちらはプレゼントも何も用意していないわけですから、なんとも言い訳のしようがない。

そんなときは、初心に帰って、裸一貫!というか、裸になりましょう。

もうあげられるものは、あなた自身しかありませんから」

 

■3:誕生日とか苦手なんだよね……

「最終手段としては、コレ。“私、誕生日とか苦手なんだよね……”。

そもそも女子にとっては、誕生日というのはまた一つ老いていく微妙な日でもあるわけです。単純な男子から見れば、お祝いしてあげて喜ばせてやったぜ!とご満悦になるのでしょうが、心おきなく楽しめる日では到底ありません。

そんな女子の複雑な心境を知らぬ男子が、自分の誕生日だけあっけらかんと楽しもうとするなんて、ズルくないですか?

誕生日とか、私は苦手。

上記の理由を落ち込みがちなトーンで伝えられれば……。いつのまにか、カレの誕生日を忘れたあなたよりも、誕生日などに浮かれていたカレのほうが悪役になっていることでしょう」

 

いかがでしたか。まさかのカレシが悪者になるウルトラC。これでみなさんも、うっかりカレシの誕生日を忘れてしまっても、オールOKですね!

 

【取材協力】

※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書『キャバ嬢とヤれる極意』も絶賛発売中。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!