愛されるゥ~!ある意味ズルイ「許されワガママ女子」の特徴5つ

何かをガマンしたり、ネコをかぶったり……。男性に好かれるには、そういったことが必要だと言われています。あとは、結婚するには妥協が必要、等々。考えれば考えるほど、「ムリムリっ!私にはそんなのできません!」と思ってしまう女性…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何かをガマンしたり、ネコをかぶったり……。男性に好かれるには、そういったことが必要だと言われています。あとは、結婚するには妥協が必要、等々。考えれば考えるほど、「ムリムリっ!私にはそんなのできません!」と思ってしまう女性も多いのではないでしょうか。

素のままで愛してくれる男性って、現実にはいないのでしょうか。

というわけで、今回は、“超絶かまってちゃん”でもあり、会話は「考えるな、感じろ」と断言する、恋愛コラムニスト件イラストレーターの若林あんじゅさんに、男女ともに愛される“許されワガママ女子”の特徴について聞いてみました。

 

■1:キャラが確立している

「“この人は自分の意見は必ず通す人”など、もはやワガママキャラが確立している必要があります。

ポイントとしては、一応人の意見も聞き、でもこういう理由があって私はこれをしたいんだ、という熱い思いが必要。キャラブレ注意です!」

 

■2:ある程度かわいい

「どれだけルックスが必要なのかは環境によりますが、ある程度“カワイイね”と言われる様な人でないとダメ。イケメンがワガママを言うとオレ様風でキュンキュンするけど、ブサメンが言うとムカつくのも一緒。ワガママ言うのにもたゆまぬ努力が必要です」

 

■3:「ありがとう」と「ごめんなさい」が心から言える

「憎めないな~と思える人はちゃんとお礼や、謝罪ができる人です。ありがとう、ごめんなさい、だなんて、子どもかッ!とつっこみたくなるかもしれませんが、まさにそこがポイント。ピュアな子どもになったつもりで、心から言うことが大切です」

 

■4:楽しそうに生きている

「遊んでるときは笑顔満点ではしゃぎまくりましょう。見ているこっちが楽しくなっちゃうくらいニコニコして無邪気に“こっちきてあそぼーっ”って言われたら、言う事聞いちゃいますよね」

 

■5:弱さを人に見せられる

「喜怒哀楽がはっきり人に伝えられるのも特徴ですね。悲しいときは悲しいと言う。そして人に助けてもらったらちゃんとお返しが出来る。だから男女ともに応援してあげようと心から思えるんですね。ワガママに振る舞うのも許されるべき行動が必要なんです」

 

いかがでしたか?

いつも傍若無人に振る舞っているあの子が許されるのはきちんとやることをやっているからなんですね。

男性に媚びるのと同じくらいの努力が必要だと思うので、どっち側に努力するか熟考してみてください。

 

【取材協力】

※ 若林あんじゅ・・・恋愛コラムニスト兼イラストレーター。大学卒業後、大学の営業職員として全国を訪問。その後、今まで培った恋愛経験を生かし、恋愛コラムニストに。全国の迷える女子のため、モテ仕草からメイクまであらゆるモテテクを発信している。現在はイラストレーターとしても活動中。Twitterはこちら