チェック!「結婚したら苦労するオトコ」が住む家のダメ特徴3つ

「この男性と結婚しても、大丈夫かしら……?」と、交際中の彼に不安を抱いている女性もいるのでは? 単に交際しているだけでは見抜けない彼の本性を知らないままにゴールインしてしまって、結婚生活に不満を抱くのって悲劇ですよね。 …
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「この男性と結婚しても、大丈夫かしら……?」と、交際中の彼に不安を抱いている女性もいるのでは?

単に交際しているだけでは見抜けない彼の本性を知らないままにゴールインしてしまって、結婚生活に不満を抱くのって悲劇ですよね。

そんなときは、住んでいる“家”を見ればカレの隠された本性が分かるっ!

今回は、宅地建物取引士の有資格者である筆者が、結婚すると苦労させられるオトコが住む家の見逃せない特徴を3つお伝えします。

 

■1:ベッドルームだけ綺麗

日当たりが悪すぎる部屋に住んでいて、玄関やベランダは汚いのにベッドルームだけがヤケに綺麗に整っている家に住んでいるオトコは、“遊び人”である危険が高いそう。

ベッドルーム=“アノ行為”を想像させる場所であることから、そこだけを常に綺麗に整えていて、あとは散らかっている部屋に住んでいる男性は、“アノこと”しか考えていないタイプもいるよう!

キッチンやリビングなど、他の部屋の掃除もキチンとできているのか、しっかり見ておきましょう。

浮気性は治らないといいますし、女好きな男子との結婚は避けたいですよね。

 

■2:年齢不相応にボロい家

年齢不相応にボロい家に住んでいるオトコは、収入に見合った生活をしていない見栄っ張りの可能性が。

とくに、スーツやバッグなど持ちものにはお金をかけているのに、家に行ってみたら意外なほど“ボロ家”な場合は危険です。

一般的に、家賃は収入の1/3以下に抑えることが推奨されていることから、身なりはそれなりなのに自宅が貧相な男性は、単に外で見栄を張って分不相応のファッションに身を包んでいるだけと判断したほうが賢明でしょう。

結婚後に、「彼の見栄のせいで貯金ができない!」なんて、悲劇ですよね。

 

■3:極端に綺麗すぎる

彼の家に入った途端、信じられないほど整理整頓されていたら、ちょっと違和感を抱きますよね。

チリひとつ落ちていないほど磨き上げられた床や、まるでホテルのように整ったベッドなど……。

男性が一人暮らししているのに相応しくないほど美しい部屋に住む男性は、他に女性がいるか自身が極端な几帳面かのどちらかである可能性が。

ハウスキーパーを雇っている高収入男子は別として、几帳面すぎる男子と結婚してしまえば、妻にも同レベルまで掃除を望んできて苦労する女性もいそうです。

 

いかがですか?

“家”には、生活ぶりや性格が顕著にあらわれるもの。

結婚を考えている彼の自宅は、隠された本性を知っておくためにも、早い段階で隅々までチェックしておきたいですね!

 【画像】

Goodluz / Shutterstock