ドキッとしたら損!? 「深読み禁物な」LINEのメッセージ3つ

相手あってこそ成り立つ恋愛は、自分でコントロールが及ばないことだらけです。なので、考えてもどうにもならないことが山ほどあるわけで、相手の言動をイチイチ分析したところで、どうにかなるわけではないんですよね……。 それでも、…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相手あってこそ成り立つ恋愛は、自分でコントロールが及ばないことだらけです。なので、考えてもどうにもならないことが山ほどあるわけで、相手の言動をイチイチ分析したところで、どうにかなるわけではないんですよね……。

それでも、彼の言動を思い返しては頭を抱えている女子の悩みを払拭すべく、‟深読み禁物な男からのメッセージ3つ”を紹介したいと思います。

これを読めば、少し恋の悩みを減らすことができるかもしれませんよ!

 

■1:やたらと即答な返信

男性は、言葉のコミュニケーションが女性ほど長けていないので、どうしてもLINEやメールの返信が遅れがちです。それなのに、やたらとメールの返信が早いと、「もしかして私のこと好きなのかな?」と思いたくなってしまいますよね。

確かに、好きな子には男だって、できるだけ早くメッセージで送りたいでしょう。ですが、男はマルチタスクが苦手なので、意中の女性にだって仕事などで立て込んでいると、すぐの返信は無理です。ということで返信の速さではなく、彼が返事をくれたという事実を大切にしましょう。

 

■2:夜遅くのメッセージ

夜遅くに男がメッセージを送って来ると、なんだか下心がありそうな気がしますよね!? その内容が、「近くにいるんだけど、ちょっと寄ってもいいかな」といったようなものなら完全にアウトですが、それ以外の当たり障りのないメッセージなら、あまり深く考えなくても良いでしょう。

仕事が終わるのが遅くなったから、夜中近くにしかメールできなかったのかもしれないし、もしかしたら、なんとなく「おやすみ」を言いたかっただけなのかもしれません。メッセージが来た時間帯よりも、内容を重視してみてください。

 

■3:今何しているの?

意中の彼から、「今何しているの?」とメールが来たら、女は自分に気があるのだと思いたがります。もちろんその可能性もありますが、相手はただの暇潰しで連絡している場合だってあります。意図を深読みし過ぎて墓穴を掘らないように、無難な言葉でメッセージをやり取りして、相手の出方を見るようにしましょう。

 

LINEやメールって、電話や直接会って話すのとは違って、行間を読み間違えたりメッセージのトーンを読み損ねることがしょっちゅうです。分析したって、相手に直接意図を聞かない限りは分からないし、聞いたところで本当のことを言うかも分かりません。

彼のメッセージを深読みし過ぎて、あなたの言動がトンチンカンにならないように気を付けましょうね。まずは、メールのやり取りを単純に楽しむところから始めてみてはどうでしょうか。

 【画像】

maradon 333 / Shutterstock