オトコに届きまくる!タイプ別に微調整「好き」の言い方5種類

男って意外に鈍感なものです、草食男子も増えた世の中で女性の方が最近は積極的に狩りに出ているようですが、そんな活動的な女性のために心理学の専門家である筆者が男性のタイプ別に“好き”を伝えるための言い方を研究しました。 さて…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男って意外に鈍感なものです、草食男子も増えた世の中で女性の方が最近は積極的に狩りに出ているようですが、そんな活動的な女性のために心理学の専門家である筆者が男性のタイプ別に“好き”を伝えるための言い方を研究しました。

さて、どんな伝え方をしたら男の心にぐっと届くのでしょうか?

 

■1:澄ましたエリート男子に好きを伝えたいときは?

学歴も職歴も良好で、ぴしっと澄ました感じのエリート系男子! なかなか手強い相手ですが、この手の男性にはオクテ、草食系も多いのが定番です。失敗することを恐れているので、女性からのアプローチがないと告白もしてこないし、先に進まないんですよね。

そこで積極的に「好き」と伝えたいときは、クリスマスや誕生日、バレンタインにかこつけて、「クリスマスは誰と過ごすの? 私なんか適任だと思うけどどう?」と自己アピールを! 成功率ほぼ100%と見れば向こうから告白してくるかも。

 

■2:体力勝負! 熱血系男子に好きを伝えたいとき

頭脳よりも体力で勝負! 見た目は肉食なんだけどなぁ。そんな男性でも、いや、だからこそ? 恋愛には鈍感でオクテ……ってよくありますよね。

こんな人には、「○日空いてる? 二人で飲みに行きたいんだけど」とお酒の席にばんばん誘いましょう。「○○くんとなら、毎日飲みたいなぁ」とアピールしちゃってね!

 

■3:ごく一般! サラリーマン系男子に好きを伝えたいとき

別にエリートというわけでもなく、熱血系でもなく、なんかとにかく普通なタイプ! 普通だからこそ、好きの伝え方に困っちゃうこともあります。

こんな人が相手なら、ベタだけれど、「かっこいいよね!」でキメましょう。カレの持ち物、この○○かっこいいね!に始まり、彼自身について、○○くんかっこいいね!まで。ほめほめ作戦が有効です!

 

■4:鈍感やんちゃ男子に好きを伝えたいとき

いますよね。大人になっても子どもみたい! かわいくって女性は絶対惚れちゃうのに、気付いてくれないやんちゃ男子。

そんな子どもみたいなやんちゃ系には、「そんな○○くんが好きだよ!」とストレートに伝えてOK! 逆に遠回しでは伝わりにくいかも……。

 

■5:もしかして恋愛興味なし!?に好きを伝えたいとき

一番厄介なのが、恋愛なんか全然興味なさそうな、いわゆるガリ勉とか、オタクタイプ……。恋愛感度は低く、ハードルは高い!

こんなタイプには、「好き」なんて言っても「……え、何が?」と返されるのがオチです。カレが興味を持っているものに首を突っ込み、「それ何?」「教えて!」カレの趣味がアーティストなら、「ライブつれてって」「CD貸して!」と、とにかく仲間になることから始めて。

自分のほうが初心者であり、立場が下であるということを忘れず、さらにバレンタインや誕生日などに小さなプレゼントを渡して少しずつ恋を思い出させてあげましょう……。

 

いかがでしたか? タイプによって簡単なのと、そうでないのとがありますが、ストレートなのが良い人と、そうでないのがいるので仕方ないですね。相手のタイプを見極めながら頑張ってみましょうね!

 

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!