そそられる…!? どんな男でも「なぜか誘いたくなる女の特徴」3つ

一つの恋が終わる間もないうちに新たな恋が生まれ……なんて羨ましい限りですよね。 恋多き女って誘われ上手なんでしょうか? 男はチャンスありと思わない限り、なかなか女性に声をかけないもの。せっかく意中の彼がいても、正しいシグ…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一つの恋が終わる間もないうちに新たな恋が生まれ……なんて羨ましい限りですよね。

恋多き女って誘われ上手なんでしょうか? 男はチャンスありと思わない限り、なかなか女性に声をかけないもの。せっかく意中の彼がいても、正しいシグナルを送らなければ永遠に誘ってもらえないかもしれません。

そこで今回は、男がなぜか誘いたくなる女性の特徴を3つお届けしたいと思います。

 

1:視線をそらさない

バーで男性と目があって思わず視線をそらせてしまったことはありませんか?

特に好みの男性と目が合うとどうしてよいかわからず目を落としてしまいがち。でもこれは、アウト! 視線をそらしてしまうと「あなたには興味がない」というサインになってしまうのです。

誘われたいとき、男性と目が合ったら見つめ返しましょう。笑い返したり声をかけたりしないで、ただ数秒彼の目をじっと見てください。きっと彼が話しかけてきますよ。

 

■2:腕組みをしない

ひとは不安を感じると腕を組むといわれています。腕を組むと安心するからなのだとか。ただし女性が男性と直面したときに腕を組んでしまうと、自分を彼から防御しているようにみえ、男性が誘いづらくなってしまいます。

ナンパされたいときは腕を組まないよう気をつけて。あなたがオープンだと示すには、飲み物やバッグなどを自分の真ん前に置かず、実際に胸元のスペースを空けてください。

胸元の空間をオープンにすると、近寄りやすいリラックスした空間を演出するだけではなく、「あなたと知り合うことに興味があるのよ」というボディランゲージになります。

 

3:前のめりになって話す

誘ってほしい彼と話すときは、恥ずかしがらずに前のめりの姿勢で彼の話を聞いてみて。

彼のほうにどんどん近づくことで、「あなたの話おもしろい! あなたにとっても興味があるの!」というポジティブなメッセージを送ることができるんです。

彼女がいない男性なら「落とせるかも」と思い、きっと誘ってくるでしょう。

 

誘ってほしいからといって女性のほうからあからさまに誘うのは避けたいところですよね。相手に思わせぶりなボディランゲージをつかって、向こうから誘わせてはいかがですか?

 【画像】

※ © Andriy Petrenko / 123RF.com