歯型がつくほどガブッ…?男が「エッチのときに嫌なこと」3つ

好きな男性と一晩を共にする……。こんなに幸せなことはありませんよね。 ベットの中で二人でラブラブ、イチャイチャ。至福の時間です。 しかし、女性がエッチのときに“ある行動”をしてしまうと、男性がすごく嫌な気分になってしまい…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

好きな男性と一晩を共にする……。こんなに幸せなことはありませんよね。

ベットの中で二人でラブラブ、イチャイチャ。至福の時間です。

しかし、女性がエッチのときに“ある行動”をしてしまうと、男性がすごく嫌な気分になってしまい、ラブタイムが台無しになってしまうヤバい行為があるというのです。

そこで今回は、そんな“男がエッチのときに嫌がること”について、これまで『Menjoy!』で紹介してきた情報などを交えながら見ていきたいと思います。

 

■1:喘ぎ声がアニメ声

男性の興奮状態というのは、意外と繊細です。彼がどんなに興奮していても、ふとしたことで急に冷めてしまう……なんてことも少なくありません。

なかでも注意したいのが、“エッチの際の喘ぎ声”です。顔やスタイルなどは、見た目でわかりますが、エッチの際の声は実際にその時になってみないとわからないものです。

“いざ!”というときに、女性がアニメキャラのような声で喘ぎだしたり、野太い声を出し始めると、男性は「えっ、こんな変な声出すの!?」と戸惑ってしまい、結果として萎えてしまうということがあるのです。

いくら気持ちが良くても、声には注意を払いましょう。

 

■2:行為の途中で噛まれる

行為の最中に、興奮のあまり彼の身体をガブッ! 確かに“甘噛み”という愛情表現の方法もありますし、映画やドラマでそういうシーンを見たことがあるという人も多いかと思います。

しかし、実際に好意の最中、女性に身体を噛まれてしまうと、男性は「えっ!? マジかよ」と戸惑ってしまいます。場合によっては、反射的に突き飛ばされてしまうかもしれません。

女性に噛まれたことにより、“戦闘モード”に切り替わってしまった男性はもうエッチな気分ではなくなってしまうのです。

 

■3:ピロートークで重い話

行為が終わった後も注意が必要です。男性の腕枕の中で、重い話をしてはいけません。

将来への不安や悲惨な過去。せっかく愛のあるエッチが終わって、男性がその余韻に浸っているのに、そこにヘビーな話をぶつけてしまっては事後の雰囲気は最悪なものになってしまいます。

確かに身体を許した後は、心まで許してしまいたくなりますが、重い話はまた別の機会を設けて打ち明けましょう。

 

いかがでしたか?

男性の“エッチな気分”とは、案外崩れやすいものなのです。

ふとした行為によって、彼の気分が萎えてしまうと、その夜は台無しになってしまいます。

十分注意してくださいね。

 【参考】

※ あぁん…で幻滅?「好きな・嫌いなエッチのときの声」男子に聞いた – Menjoy!

 【画像】
bart78 / Shutterstock

 

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!