イケイケだから…!?「初代経営者」と結婚すると待ち受ける試練3つ

経営者をしている男性がお好みの女性のなかには、経営者は経営者でも「絶対に設立者がいい!」と固くココロに決めている女子もいるのでは? 野心に溢れていますしアグレッシブなタイプも多いので、一緒にいて頼もしいですよね。 でも、…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経営者をしている男性がお好みの女性のなかには、経営者は経営者でも「絶対に設立者がいい!」と固くココロに決めている女子もいるのでは?

野心に溢れていますしアグレッシブなタイプも多いので、一緒にいて頼もしいですよね。

でも、初代経営者の妻になるということはイイことばかりではナイのも真実のよう……。

バラ色に見える未来でも、じつはイバラの道であるリスクも潜んでいるんです!

そこで今回は、市議時代から魑魅魍魎(ちみもうりょう)な男女模様を垣間見てきた筆者が、初代経営者の男子と結婚するとありがちな試練を3連発でご紹介していきます。

覚悟はイイですか……!?

 

■試練1:英雄色を好む

初代の経営者って英雄っぽいイメージが強いですよね!

そして、昔から「英雄色を好む」と言われるように、力強く野心家のオトコほどオンナ好きである事実も否めない現実なよう。

確かに、力強い経営者ってモテますし浮気のチャンスもゴロゴロ転がっているものです。

そして実際、夫が初代経営者である場合には、浮気に悩まされている妻も少なくないんです。

「それでも妻は私なんだし」とドッシリと構えていられる女性じゃないと、苦労が多いかもしれません。

 

■試練2:経営が軌道に乗っていない

初代経営者の会社って、まだキチンとした軌道に乗っていないことも多く、一見成功しているように見えても、ちょっとしたことで傾いてしまう事態も起こりがち。

結婚した時には順調に思えた経営でも、数年後にはヤバい事態を迎える……なんてこともザラです。初代経営者の妻になるということは、経営が厳しいときにも一緒に乗り越えていく覚悟がないといけないのかもしれません。

経営がダメになったときに一緒になって落ち込むのではなく、「お金がなくたって、また稼げばいいよ!」と明るく夫を励ますことができる度量が、イケイケの初代経営者の妻に必要な気質なのかも。

■試練3:借金が多い

会社を大きくしていくにあたって、借金をするときには経営者本人は連帯保証をしていることも多いものです。

ですから、初代経営者として事業を拡大し続けている夫を選ぶと、夫自身も借金をしているのと同じことになんですよね。

もちろんこれは初代経営者に限った話ではありませんけれども、経営が安定しない時期にも多額の借金をして拡大を狙う初代経営者だと、借金のリスクも大きいものとなるのは間違いありません。

借金がキライな女性がイケイケな初代経営者の妻になると、多額の借金にビクビクしてしまうかもしれませんね。

 

いかがですか?

初代経営者の妻って、内助の功で夫を大成功に導くイメージもあって素敵ですよね。

あなたは、こんな試練にも喜んで立ち向かえそうですか?

 【画像】
conrado / Shutterstock