あなたにはできる?簡単ではナイが効きまくる恋愛上級者テク7つ

みなさんは、好きな男子ができた「ここぞ!」というときに使う恋愛テクをもっていますか? 「恋愛テクってなんですか? 上目遣いとか? 既読スルーするとか?」という恋愛初級者レベルの方がほとんどだと思います。 確かにハウツーを…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは、好きな男子ができた「ここぞ!」というときに使う恋愛テクをもっていますか?

「恋愛テクってなんですか? 上目遣いとか? 既読スルーするとか?」という恋愛初級者レベルの方がほとんどだと思います。

確かにハウツーを鵜呑みにして、人間関係で変なテクニックを使っている人って、なんかちょっとキモいですよね……。

とはいえ、外見のレベル以上にモテまくっている女子がいるのもまた事実で、そういう女子はやはり、なにか特別なテクニックを使っているはずです。

彼女たちは、いったいどのような恋愛テクニックを使っているのでしょうか。果たして、普通の人たちに、使いこなせるようなものなのでしょうか。

今回は、『Menjoy!』ライターの筆者が、六本木・銀座にてモテそうなお姉さんたちに「あなたが恋愛で使っている特別なモテテクニックってありますか?」と街頭インタビュー。

そこから、「これは上級者テクだなぁー」というものを抜粋してご紹介いたします。

 

■1:ボディタッチをめちゃめちゃする

「よく恋愛テクニックでボディタッチしましょうと書いてありますが、ちゃんとやれば、本当に効果的だと思います。まわりの女子を見ても、しっかりボディタッチをしているコはいません。私は、ことあるごとに、ペタペタと男子に触れます。結構、キワドイところまで触っちゃいます」(24歳/サービス業)

-どのくらい効果はありますか?

「確実に連絡先を聞かれますし、確実に連絡が来ますし、確実にデートに誘われますね。100%ではないですが、ほぼ100%です。まわりの女子の視線が痛いこともありますが、関係ありません。大事なのは男子からの評価ですから」

 

■2:人のことを超覚えている

「会って話をした相手のことは、着ていたものから話の内容まで、確実に覚えるようにしています。しっかりとメモをとっていますよ。みなさん、好きな男子相手だったら、それくらいしているのではないでしょうか? もし、好きな男子相手にもできていないとしたら、まったくお話になりませんね。

私は好きな男子だけではなく、すべての男子について、そのようにいろいろと覚えておくように心がけているんです。次にお会いしたときに、しっかりと覚えていることを伝える。このくらい努力することで、男子からのお誘いをたくさんうけるわけです」(25歳/サービス業)

-いろいろ覚えているとモテますか?

「やはり、小さなことでも覚えていてもらえると、“あ、気にかけてもらってるんだ”とお思いになるのでしょう。とても喜ばれますし、嫌われることはないですね」

 

■3:常に損して得とれの精神

「相手からの見返りを計算しないで、与えることを意識しています。まさに“損して得とれ”の精神ですね。食事に行っても、ご馳走になることを考えず、こちらから支払おうとします。プレゼントも買ってあげます。見返りを期待せずに与え続けていると、いつのまにか相手がこちらにハマっていることは多いですよ」(23歳/サービス業)

-金ヅルにされることはないのですか?

「ないですね。金ヅルにされる女性は、“相手に好かれたい”という見返りを期待しているのではないでしょうか。そういう期待すらもせずに、“与える”ということを意識するんですよ」

 

■4:返ってこなくてもLINEを送り続ける

「好きな男子ができたら、とにかくLINEを送り続けます。返信がなくても送り続けます。“もうやめて”と言われても、送ります。期間をあけることはありますけどね。だいたいみなさん、ちょっと返信がないとやめるでしょう? ダメダメ。タイミングなどもありますからね。あきらめずに送り続けることです」(22歳/サービス業)

-ストーカーだと言われませんか?

「返信がないのに、10本も20本も連続で送り続けて、返信がないことに怒っていたらストーカーだと思いますよ。サラッと返信しやすい感じで送るのがポイントですね。

私は好きな男子だけでなく、知り合った男子ほぼ全員にLINEをたくさんしますから、それで好きな男子から返信がなくても、他の男子からいっぱいLINEがくるので、精神的にもバランスがとれてますよ」

 

■5:行事のときに必ず手作りの品をもっていく

「花見などにお弁当を作ってもっていくのは当たり前。なにか集まりがあるごとに、必ず手作りの料理やお菓子を持っていくことにしてます。まわりの女子からは“またやってるよ……”という冷たい目を向けられるときもありますが、気にしない!」(23歳/ライター)

-そうするとモテますか?

「みんなに配っても、“おいしかったよー”とか個人的にLINEがきます。“御礼がしたいな”とデートに誘われることもありますよー」

 

■6:おっぱいを豊胸する

「モテテクニックというか、一番手っ取り早くて簡単で、みなさんにオススメしたいのが、おっぱいを豊胸することです。超モテます。見てください、コレ!」(28歳/サービス業)

-おぉ。いいですねー。

「でしょう? 目を二重にするくらい、みんなやってますからね。まぁ、一重の人なら、二重にしたらかなりモテは変わると思いますが。差をつけたいんだったら、おっぱいを大きくすることですよ、めちゃモテます!」

 

■7:バツイチになる

「モテたいんだったら、一回結婚して離婚するといいんじゃないですか(笑)? バツイチになった瞬間、バツイチバブルが訪れて、すごくモテますよ! フリーであることを世間に宣言することができますからね。男子って、相談にのりたがりというか、なんかチャンスだと思うんじゃないでしょうかね」(35歳/フリーランス)

-バツイチって良い印象がない気もしますが……?

「そんなことないですよ。モテます。“私、フリーなんです~”ということをモテる感じでアピールするのって、なかなか難しいんですよ。でも、“離婚しちゃったんです”ってとき、それがすごく効果的にできるんです。チャンスと思った男子がこぞってわらわらと集まってきます」

 

いかがでしたか。最後の2つはかなり難易度が高いテクが並びましたが、他のテクは“モテに特化する”と覚悟を決めたら、やってやれないことはなさそうです。どうしてもモテたいあなたは、試してみてはいかがでしょうか。

 【画像】
CHOATphotographer / Shutterstock

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!