もっと遊んでOK!「男子が浮気を許してくれるようになる」テク4つ

みなさんの彼氏は、嫉妬深いですか? 嫉妬深い彼氏に捕まってしまうと、女友達との夜遊びすらできなくなってしまい、精神的にキツイですよね。 嫉妬深いとまでは言わなくても、心配性彼氏の場合も、同様なことがあるかもしれません。 …
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんの彼氏は、嫉妬深いですか? 嫉妬深い彼氏に捕まってしまうと、女友達との夜遊びすらできなくなってしまい、精神的にキツイですよね。

嫉妬深いとまでは言わなくても、心配性彼氏の場合も、同様なことがあるかもしれません。

ちょっと泥酔したり、ちょっと終電を逃したりして、連絡がつかなかっただけで、なにか事件に巻き込まれたんじゃないかと騒がれたら……遊びに行くのも楽しくなくなってしまいます。

「いい人なんだけどな~」と思うから、別れたくないけど、「なんか人生つまんないな~」とじわじわと精神的に追い込まれていく状況は、本当、名前はついていないけど、ナントカハラスメントっていずれ言われてもいいのではないでしょうか?

もし、みなさんがそんな立場に追い込まれているのならば……。闘いましょう! そして、もっと遊んで、人生を楽しみましょう!

ちょっと男と遊んだくらいで「浮気だー!」なんて言われるの、おかしいですもんね。うまく許してもらうためには、どうしたらいいのか?

それを知るために、今回は、新宿・渋谷・六本木にて、「嫉妬深い彼氏をおとなしくさせる撃退法があったら教えてください」と街頭インタビューを実施。

これは使えそうだ!という、なるほど~な方法をピックアップしてご紹介いたします。

 

■1:仕事の大切さを教え込む

「いるいる~、嫉妬深い男子。甘ったれですよねー。元カレというか元夫がそういう人だったんです。結局、最終的には別れましたが、後半は自由を勝ち取り、束縛から脱出していましたよー」(32歳/飲食店店長)

—どのように自由を勝ち取ったのですか?

「まず、相手が女子だろうが男子だろうが、それが複数だろうが1対1だろうが、“仕事のために”、飲んだり食事をしたりする必要があることをキッチリと教え込みました。

最初は“なら別れる!”とごねていましたが、“じゃあ、そうしましょ”と即答です。こんなに束縛されたら、もう本当に仕事がダメになってしまうと思ったので、こちらも覚悟を決めて、話をしていました。

“この仕事をしていることも含めて私ですから、それが嫌いなら別れてください”と伝えました。結局、別れたくなかったみたいで、私が外に誰とどんな時間に飲みに言っても、何も言わないようになりましたよ。

実際、どこから仕事につながるかわかりませんからね。私は自分でお仕事をしていますが、OLの方だって、そうではないですか? いつその会社を辞めなければならないかわかりませんし、人と人との関係性ってとても重要ですよ」

 

■2:相手も遊ばせまくる

「ウチの彼氏も、嫉妬しまくりの束縛彼氏でした。今でも酒に酔うと、そういうめんどくさいところが出ますが、基本的には“夜遊びOK”状態を勝ちとりましたー!」(24歳/サービス業)

—どのように自由を勝ちとったのですか?

「相手を遊ばせまくったんです。ウチに気を使って、男同士で遊ばなくなってしまったので、“たまには友達と遊んでおいでー”と、飲みに行かせました。

そのときに、こっちも友達と遊んでいると、また心配して、すぐ帰ってきて、こっちも帰らせようとしたり、合流しようとしたりするので、実家に帰ったり、家でおとなしく待ってたり。マジ、ヒマな時間だったわー。

でも、そうやって遊ばすと、もともと酒好き遊び好きの男なので、夜遅くなったり、始発で帰ってきたりするんですよ。なにをしてたかは知りません。でも、いいじゃないですか。ウチも許してもらいたいですもん。

自分が久しぶりに遊んだことで、“こういう時間も必要だよなー”とわかってくれたんじゃないですかね? こっちが遊びに行くことも許してくれるようになりました。それでもまだ、“泊りはダメ!”と言いますが……」

 

■3:慣れさせる

「付き合って最初の頃は、彼氏とふたりで遊びまくってましたけど、やはり3ヶ月くらいすると外で遊びたくなっちゃって……。で、遊びに行って、遅く帰ったら激ギレされました。ムカついたんで、次、遊びに行ったときは朝帰りしてやりました(笑)」(23歳/介護士)

—また怒られなかったですか?

「怒ってましたよ。なので、次は2日間帰らなかったです。怒られても平然としてました。相手もずっと怒ってられないですからね、そうすると。

だんだん、怒ると私がスネて、余計帰らなくなると勉強したみたいで……(笑)。なにも言わないで、快く送り出すようになりましたよ。そういうときは、なるべく早く帰ってあげます。これを続けることで、相手も怒らないほうが得だと理解し、好きなように遊びにいく自由を獲得しました」

 

■4:口ゲンカで勝つ

「もう、あまりにうるさくギャーたれるときは、言い負かすしかないですよ。“尻軽女”呼ばわりされたので、私も言い返し、言い負かし、自由を勝ちとりました」(27歳/営業)

—どのように言い負かしたのですか?

「当たり前のことを言っただけです。“そんなちょっと遊びに言っただけで、ギャーギャー言って浮気を疑うなんて、ちっちゃい男だな!”と。“そんなちっちゃい男は嫌いだから、いまは浮気はしていないが、いずれ浮気しちゃうだろうな!”と。

“じゃあ、別れるか!”という話になると思っていたので、そうなったら、いずれにせよ自由になれるからいいや!と覚悟を決めていました。簡単に折れましたよ」

 

いかがでしたか。結果、別れるということになってもそれでいいと覚悟を決めたとき、自由を勝ちとることができたパターンが多いですね。

みなさんも鬱屈とした日々を過ごしているならば、ぜひ参考にしてみてください。