やさしいんだけど…「彼氏がイヤになってきちゃう」実は彼氏が悪い理由5つ

みなさんには彼氏がいますか? 「とってもやさしい彼氏がいまーす。でも……」 でも、なんでしょうか。 「でも……。すごくやさしいのに、なんだか最近、ちょっと物足りなく感じてしまい、一緒にいるとイライラしてしまうことまである…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんには彼氏がいますか?

「とってもやさしい彼氏がいまーす。でも……」

でも、なんでしょうか。

「でも……。すごくやさしいのに、なんだか最近、ちょっと物足りなく感じてしまい、一緒にいるとイライラしてしまうことまであるのです。

私は性格が悪いのでしょうか?」

そんなことはありません。実は、“やさしい彼氏”のことがイヤになってしまう女子は、多く存在しているのです。

いったいなぜ、せっかくあなたのことを愛してくれるやさしい彼氏と付き合うことができたのに、イヤになってしまうのでしょうか?

その理由がわかれば、みなさんも自分のことを責めることがなく、むしろ彼氏に、「もっとこうしてー!」と改善をせまることができるかもしれません。

ここは、実際に“やさしい彼氏”を断腸の思いで切ってきた先輩女子たちに聞いてみましょう。彼女たちならば、時がたち、冷静になったり、そのときに自分を正当化していたりするので、その理由をスパッと語れるはず!

てことで、渋谷・新宿・丸の内にて「すごくやさしい彼氏だけど、イヤになって別れてしまったことはありますか? その理由を教えてくれますか?」と街頭インタビューしてきました。

その結果から、やさしい彼氏がイヤになってしまう理由をご紹介していきます。

 

■1:やさしいの仮面をかぶった束縛

「普段からやさしいのはやさしいんですが、“今日、何時に帰る? 迎えに行こうか?”だの、“今夜遅くなるけど、帰ったらちゃんと連絡するからねー。家にいるでしょ?”だの。

結局は、やさしさに見せかけて、こっちを束縛しているんですよね。最初のうちはうれしかったのですが、こっちだって子どもじゃないんだから、付き合いもあります。

将来を考えて、よい関係は築けないなと判断し、別れました。家にこもって専業主婦がしたいような女子と合うと思いますよ、彼は。まぁ、あの収入じゃ無理でしょうけどね」(29歳/営業)

 

■2:自分のことはちゃんとしていない

「本当にやさしい人でした。私が困っていると、いつも自分のことは後回しにして助けてくれました。たとえば、“家のプリンターが動かないー”とLINEすると、仕事中でもすぐにどうすればいいのか連絡をくれるんです。本当にやさしい。

でも、それで、自分のこともちゃんとできていればいいのですが、できていないんですよ。私のせいにはしないのですが、私のために動いた分、仕事に支障が出てしまっているんですよね。それじゃダメでしょ。

“自分のことを優先しなよ”と伝えたのですが、それができないみたいで……。なので、共倒れになってしまっても困るので、悩み事など、彼に正直に伝えることができなくなっていったのです。

そういうことに気を使うのが疲れてしまい……。別れを決意しました。私は甘えん坊だし、もっと頼れる人がいいなと思って。

そう、彼は独り立ちしていない、甘えん坊だったんだと思う」(33歳/貿易事務)

 

■3:無理している

「男と女が付き合うときって、ガマンは必要だけど、無理をしてはいけないと思うんです。無理しなければならないほど合わないのであれば、合う人を探したほうがいいと思いませんか?

彼は、私のことを好きになってくれて、私がやさしい人が好きだから、一生懸命やさしくしてくれました。でも、もともとそういう性格ではなかったのだと思います。顔がひきつっているときもありました。そういうのって、相手に伝わりますよね。言わなくても。

だから、この人は私といても幸せになれない……と思い、別れました。やさしい彼氏でも、本当に心からやさしい、無理してやさしくするのではなく、そういう心をもっている人がいいなと思っています」(29歳/トリマー)

 

■4:口だけ

「やさしいと思ってつきあったのですが、やさしいのは口だけでした。お願いしたり、困っていたりすると、“俺がやっとくよー”と必ず言うのですが、全然やってくれないんですよね。

もちろん、やってくれることはありますが、“やる”と約束したら、絶対にやってほしいのです、私は。それが責任だと思うし、ウソつくくらいなら、はじめから“やる”って言わないでほしいんです。

“やる”と言ったのに、何回かやってないことがあって、そういうことをされると、結局、ウソつきな人なんだな……と信用できなくなってしまいませんか?

もちろん悪気はないのでしょうが、軽いつもりで言ってたとしても、そういう軽いところもイヤだし。

自分には合わないかな?と思い、別れました」(28歳/営業)

 

■5:セクシーじゃない

「やさしいだけだと、なんか情熱が湧かなくて(苦笑)。男としの魅力をまるで感じないんですよね。付き合う前は、そうじゃなかったんだけどなー。男らしくて、謎めいていて、不思議な魅力のあるセクシーな人でした。そこが好きだったのに……。

付き合ったら、すごくやさしくしてくれて。最初はとても感動したんですけど。申し訳ないんですが、飽きちゃいました。底が知れちゃったっていうんですかね。

深く付き合ったら、あまり魅力がないことがわかっちゃったんだと思います。素敵な箱だったのですが、開けてみたら空っぽでした。

やさしさも慣れていないのか、ぎこちなかったし……。きっと彼は、女性を口説くことに長けていて、付き合うことには向いていないんだと思いますよ」(27歳/メディア制作)

 

いかがでしたか。みなさんの彼氏にも、当てはまる部分はあったでしょうか? 相手に“やさしさ”があると、好きじゃなくなっても、嫌いになるのは難しいですよね。

でも、女子の時間は有限です。もう無理だと思ったら、早いうちに見限って、次のもっと素敵な男性に進みましょう。そのお別れ、あなただけのせいではないですよ。

 

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!