うわっ…同棲開始から「1ヶ月」でヤるとスグ破局を迎えるヤバ姿3つ

同棲しなければ別れなくて済んだのに、一緒に住んだばかりに知らなくてよかった相手の一面を知ってしまい、気持ちがサーッと冷めてしまう……というのは、ありがちな話。 4月になって新年度を迎え、この機会に「同棲を始めた!」という…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同棲しなければ別れなくて済んだのに、一緒に住んだばかりに知らなくてよかった相手の一面を知ってしまい、気持ちがサーッと冷めてしまう……というのは、ありがちな話。

4月になって新年度を迎え、この機会に「同棲を始めた!」というカップルも少なくないのでは?

けれど、「大好きなカレシと、朝から晩まで一緒に居られるぅ!」と、ウキウキでがんばれるのは最初だけ。生活をともにして1か月もすれば、オトコに見せるべきではない“素の自分”があらわれてしまいます。

だって、同棲すれば“生活”になりますから、四六時中カレシの目を気にしていられなくなりますよね!

ですけど、同棲は結婚とは異なりますから、オトコが「やっぱり別れてぇ」と思ってしまえば、あっけなくジ・エンドを迎えるのも事実……。

そこで今回は、同棲がスグに破局する原因になりかねないことから、同棲開始から1か月では絶対にオトコに見せるべきじゃない姿を3つ、市議時代から魑魅魍魎(ちみもうりょう)な男女模様を垣間見てきた筆者がお伝えします。

 

■ヤバ姿1:脱ぎっぱなしの洋服、食べっぱなしの食器、使いっぱなしのバスタオル

カレシが仕事から疲れて帰ってきたときに、ドーンと汚れ物が置いてあればさらに疲れが増してしまいますよね。

オトコって、女性に淡~い幻想を抱いていることも少なくないもので、たとえば「女の子はいつでも部屋をキレイにしているはず」「女子ならいつも部屋を片付けているはず」と思い込んでいることも。

そんな期待を裏切るかのように、同棲開始から1か月ほどでなんでも“やりっぱなし”の姿をさらしてしまえば、カレの恋ゴコロがサーっと冷めないとも言い切れません。

その姿をさらすのは、もう少し先にしましょう。

 

■ヤバ姿2:婚活意識が高すぎて結婚をせがみ始める

同棲は、オトコにとって結婚よりも気楽に開始できる生活スタイルなのだそう。

ですが、女性のなかには“結婚の前座”というひともいますよね。

そして、「同棲まで持ち込んだから、あとは結婚を説得するだけだわ!」と、女子が結婚に意欲的になりすぎてしまうパターンも。

でも、同棲開始から1か月ほどで「ねぇねぇ。結婚はいつにする?」などと切り出してしまうと、一気にオトコがゲンナリすることもあるようなので要注意です。

同棲→結婚に持ち込むのが目的だったとしても、焦らずに半年程度は寝かせたほうがいいかもしれません。

 

■ヤバ姿3:ルールを決めて指図をしまるで“妻”気取り

同棲生活って、“婚姻届”がないだけでまるで結婚生活のような暮らしですよね。

しかし、だからといってまるで妻になったかのように「アレしちゃダメ、コレするのはダメ」と指図するカノジョの姿を見て、同棲を激しく後悔するオトコもいるんです。

また、「22時が門限ね!」「週末は絶対に一緒に過ごしてね!」などとカレシを束縛してしまうルールを作ってしまうのも、オトコが同棲を息苦しく感じてしまう原因に。

一緒に住んだのですから、ほかの女には簡単には取られないはず! と安心して、同棲後はカレシを自由にさせてあげたほうがうまくいく可能性が高いようです。

 

いかがですか?

同棲して最初の頃は、愛するカレシと24時間365日ともに生活できる喜びに浸ってしまいますよね!

でも、同棲開始直後の時期は「コイツと暮らせるかな?」と、オトコが冷静に女をジャッジする期間でもあるんです。

気合いを入れすぎてオトコが後悔しちゃうようなヤバ姿をさらさないよう、くれぐれもご注意くださいね!

 

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!