成功率100%!? デートを断っても「また誘われる」魔法のフレーズ2つ

気になっていたオトコからせっかくデートに誘われたのに、その日は別の予定が入っていた場合、あなたはどうしていますか!? もともとの予定をキャンセルしてデートに行くのは、女友達や仕事を失いかねませんからなるべく避けたいですよ…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気になっていたオトコからせっかくデートに誘われたのに、その日は別の予定が入っていた場合、あなたはどうしていますか!?

もともとの予定をキャンセルしてデートに行くのは、女友達や仕事を失いかねませんからなるべく避けたいですよね。

でも、デートのお誘いを断ってしまったばっかりに、その後カレから連絡が来なくなってしまったら……! 悔やんでも悔やみきれませんよね。

だからこそ、断りフレーズのなかにも可能性を秘めて、オトコを引き止めておきたいっ!

今回は、やむをえない事情で断らなくてはいけなくても、次回ちゃんとオトコから誘ってもらえる魔法の断りフレーズを2つ、市議時代から魑魅魍魎(ちみもうりょう)な男女模様を垣間見てきた筆者が100%成功した方法をお伝えします。

 

■1:仕事を理由に断り「私から誘うね!」

「4/26の夜、空いてる? メシでも行かない?」ってオトコからLINEが届いたのに、あいにくその日は会社の宴会が入っちゃってた……ってこと、あると思います。

そんなときは、「その日は会社の飲み会で……。でも、次は私から誘うね!」と返信をしておけば、オトコから必ずまたお誘いがきます。

ポイントは“会社の”と打ち込むことで“仕事だから”という理由を説明できるのと“次は私から”を入れることで“あなたに会いたい意思がある”という事実を伝えることができるから!

オトコは、「お。自分から誘うなんて言ってくれてるんだからイケそうだな。なら、俺からまた誘ってみよう」と意欲的になることができる魔法のフレーズなんです。

あなたから誘うまでもなく、近々再びお誘いがくること必至です。

 

■2:いったん寝かせて「やっぱり調整できなかった……」

デートのお誘いが来た日に別の用事がある場合には、次のようなやり取りに持ち込むのがベター。

オトコ「5/4、遊びに行かない?」

あなた「行きたいなぁ。でもその日、別の用事があって……。でも行きたいから調整してみる!」

数時間後……

あなた「ごめん……。調整したんだけど、その日だけはどうしてもダメみたい」

ポイントは、数時間空けてから“調整したけど”ダメだった、というニュアンスをアピールすることです。

せっかくのお誘いだったからどうしても行きたかったので、予定の調整をトライしたという本気度を示すことができますよね。

自分のために予定を変更しようとしてくれた女子に対して「イケる!」と思うオトコは少なくないもの。これで、次回のお誘いもバッチリです。

 

いかがですか?

気になっているオトコからの誘いは、ぜひとも行きたい女子が多いはず。

でも、どうして行けない時には魔法のフレーズでうまく引っ張って下さいね!

 【画像】
Piotr Marcinski / Shutterstock

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!