何が違う?遅刻して「怒られる女子と可愛がられる女子」違い3つ

みなさんも待ち合わせに遅刻してしまうことはありますか? 女子の場合、男子よりも支度に時間もかかるし、つい遅れてしまうことも多いですよね。 そんなとき、あまり怒らずに優しく迎えてくれる男子だといいですが、たかだか20分、3…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんも待ち合わせに遅刻してしまうことはありますか? 女子の場合、男子よりも支度に時間もかかるし、つい遅れてしまうことも多いですよね。

そんなとき、あまり怒らずに優しく迎えてくれる男子だといいですが、たかだか20分、30分遅れただけで、激怒してしまう男子もいるもの。

後のデートを楽しく過ごすためには、なんとかうまく、相手を怒らせずに遅刻をする方法を身につけたいですよね。

そこで今回は、新宿・渋谷・上野にて、「遅刻されたとき、大激怒してしまった言い訳ってありますか? 逆に、可愛いなと思ったものはありますか?」と街頭インタビュー。

デートのみならず、仕事にも遅刻ばかりしてきたという、元No.1キャバ嬢で恋愛コラムニストのナナミ・ブルボンヌさんに、解説をいただきました。

 

■1:遅れてきたくせに、なぜか自分が怒っている

「遅れたのは自分のくせに、なぜか怒っているヤツっていませんか? 遅れた原因となった、“渋滞”とか、“遅延”とかにキレまくって誤魔化して。まずは、自分が謝るのが先だろう!とムカつきますね。謝るのが苦手なんですかね?」(28歳/射手座A型)

-いるいるー。って感じの“なぜか自分が怒ってる女子”ですが、いかがですかナナミさん?

ナナミ「まったくなっていませんね。確かに、“怒られないために自分が怒る”というワザはあります。が、遅刻の場合、自分が遅れてしまったことで、相手はすでにイライラし“感情的”な状態に入ってます。そういう場合は、このワザは使えません。

相手の感情には、“徳”で対抗です。遅れた直接の原因が、自分の責任ではないときほど、心を込めて、“すみませんでした”と謝ると、相手も“君のせいじゃないよ”と溜飲を下げることができるのです」

 

■2:ひたすら謝り続ける

「遅れたことに対して、“ごめんね、ごめんね”と謝り続けられると、怒ることができず、ちょっと苦しいです」(26歳/蟹座A型)

-ひたすら謝り続ける……。これはどうでしょう、ナナミさん?

ナナミ「よくないですねー。もし、相手がすでに怒っている状態ならば、少し怒らせてあげないと、後から別の理由で爆発されますよ。

謝り方としても、ひたすら謝り続けるのは、“怒られたくない”気持ちが見え見えで、うまくないですね」

 

■3:遅れてないような顔で、颯爽と登場する

「大遅刻してきているうちに、まるで5分前に到着したかのような顔で、颯爽と現れたコがいました。よくもまぁ、悪びれることもなく……と呆れてしまいましたね」(31歳/牡牛座A型)

-遅刻しておいて、何事もなかったかのように登場する。この方法はどうですか、ナナミさん?

ナナミ「多少の遅刻ならばOKな方法ですが、相手が怒っているときは、マズイですね。

相手が怒りの感情をもってしまっているのならば、怒られておく。しかも、必要以上に怒られることで、“言いすぎてしまったな……”と思わせたほうが、後から可愛がられることができます。

自分の遅刻の罪より、相手の怒りの罪を大きくする。これが遅刻しておいて、可愛がられるためのポイントですよ」

 

いかがでしたか。どうやら、遅刻しておいて怒られないようにすると、余計に怒られてしまうようです。

こじらせないようにするためには、ちゃんと謝る。それでも必要以上に怒られた場合は、後で可愛がってもらえると知っておく。これがポイントのようですよ。

 【取材協力】

※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書『キャバ嬢とヤれる極意』も絶賛発売中。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。

 【画像】
George Dolgikh / Shutterstock