もぅ辟易…男の「つまらない話」を傷つけずにヤメさせる展開3つ

どんなに愛しているカレシであっても、話がつまらないとウンザリしますよね。 とくに、結論まで説明するのに最初から順序立てて話すタイプの男性や、カノジョが興味のナイことばかり延々と話すオトコには、愛があっても辟易してしまうの…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんなに愛しているカレシであっても、話がつまらないとウンザリしますよね。

とくに、結論まで説明するのに最初から順序立てて話すタイプの男性や、カノジョが興味のナイことばかり延々と話すオトコには、愛があっても辟易してしまうのがホンネでは?

でも、オトコを傷つけないように話題を変えるのって意外と難しいですよね。

そこで今回は、8年間の市議時代に3万人以上の人間模様を垣間見てきた筆者が、オトコの話がつまらない時に彼を傷つけずに話題を変える極上の展開を3つご紹介しましょう。

これで、彼の話がどんなにつまらなくても、我慢する必要はなくなります!

 

■展開1:「眠くなっちゃったぁ」

カレシの話がつまらないと、超絶眠くなってくる女子も多いですよね。

であれば、可愛くセクシーに「眠くなっちゃったぁ」と眠そうな顔で伝えてみてはいかがでしょうか。

オトコ的には、“眠い=寝る=ラブタイムに持ち込める”という連想をするワードであることから、“「眠くなっちゃったぁ」=俺の話がつまらない”とは変換されないそう!

カレシの話を遮れる上に、傷つけないで済むなんて魔法の展開ですよね。

勘の鋭い男子と交際中の女子は「お腹いっぱいになったから」という嘘の理由を加えてもいいかも。

 

■展開2:話の脈絡と関係なく唐突に抱きつく

カレシの話がどうしてもつまらなくて相槌を打つのもダルいときには、唐突にカレシに抱きついて話を終わらせるのも得策です。

愛するカノジョから抱きつかれて「イヤだ」と思うオトコは少ないので、なんて便利な展開。

ハグを通じて愛を育みつつも、カレシのつまらない話を終わらせることができるなんて最高ですよね!

「あー。もうウザい。結論もとくに興味ナイし」というシチュエーションで、ぜひ試してみてください。

 

■展開3:「トイレに行ってくるね」

カレシの“つまらない話”がエンドレスで続いている場合には、もうその場から逃げ出すしかないっ……!

ならば、「トイレに行きたくなっちゃったぁ」「トイレ我慢してるから行ってくるね」などなど、お手洗いに行く旨を伝えて、とりあえずその場を去る展開に持ち込みましょう。

愛する彼女が生理現象をガマンしてまで自分の話を聞いてほしいと感じるオトコは少ないので、「あ。ごめんごめん」とスグにトイレに行かせてくれること間違いなし。

これで、彼を傷つけずにつまらない話を聞き続ける必要がなくなります。

 

いかがですか?

どんなにラブなカレシであっても、延々とつまらない話をされるとウンザリしますよね。

彼を傷つけたくないっ!という心優しい女子は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 【画像】
andrey_l / Shutterstock