男子が「それ違うだろ…」とウンザリしちゃう女子幹事の仕切り3つ

みなさんも、会社や学校などの行事で、幹事的な役割を担うこともあると思います。 みんなから不満の出ないように、みんなが楽しめるように、みんなの笑顔が見たいから、そして自分も楽しみたいから、一生懸命にがんばりますよね。 です…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんも、会社や学校などの行事で、幹事的な役割を担うこともあると思います。

みんなから不満の出ないように、みんなが楽しめるように、みんなの笑顔が見たいから、そして自分も楽しみたいから、一生懸命にがんばりますよね。

ですが、要注意。そのグループに男子もいませんか?

男子と女子は違うもの。もしかしたら、その“がんばり”が仇(あだ)となって、男子から不満が続出し、大失敗してしまうかもしれません。

いったいどういうことでしょう?

今回は、新宿・渋谷・新橋にて、「飲み会など女子の仕切りで“甘いな”と思うことはありますか?」と男子たちに街頭インタビュー。

彼らがもらした意外な不満とはっ!?

 

■1:全員がOKな日がわかるまで決めない

「1ヶ月後も先の予定だったんです。普通、そんな先まで入ってないでしょ、予定は。だから、ある程度みんなの予定を聞いたら、日にち指定して空けといてもらえばいいのに、“まだわかりません”って数人の予定を待っていたんですよ。

で、結局、全員がそろう日がないから、まったく決まらない。

“勝手に決めちゃって”と裏で言われるのがイヤだったのかもしれないけど、それも引き受けるのが幹事の役目でしょう」(31歳/魚座A型)

みんなの予定に合わせるのではなく、みんなに予定を合わせてもらう……という幹事のキツイ役割を理解できてなかったのかもしれませんね。

 

■2:ちゃんとしない人に怒りまくり

「サークルのイベントで、仕切りになった女子が、“みんなでがんばろう”意識が強すぎて、空中分解しちゃったことがありますよ。

ちゃんとやってない男子に、“しっかりやって!”と怒りまくってたんだけど、そいつらは誘われたから参加しているだけで、別にイベント運営に関わろうとは思ってなかったんだよね。

それで、彼らのファンの女子たちを連れて、イベントから離脱しちゃった……。女子を返して〜って思いましたよ」(23歳/蟹座O型)

がんばらなきゃ!って強い気持ちが空回りしちゃったのでしょうか。いい加減な男子と温度差調整できなかったのが敗因のようです。

 

■3:決めるまで長すぎ

「女子のほうが意見を曲げなくないですか? 女子同士の仕切り合戦になるとコワイコワイ。どちらも曲げないから、なかなか決まらない。それでも、女子同士だと、ぶつかりながらなんとか着地してるから不思議ですよね。

でも男子がいるときは、“もういいから、とりあえず決めようー。決めてからのいろいろのほうが大事ー”と思ってるから気をつけてあげてー」(26歳/蠍座A型)

確かに意外と男子グループのほうが、いい加減に「いいじゃん、それ」「やってみるか」「ダメだったな(笑)」のような進め方をしがちです。女子の「こうしたほうがいいと思う」「いや、こっちのほうがいいと思う」争いに巻き込まれると、やる前に離脱したくなっちゃうかも。

 

いかがでしたか。女子の仕切りに対する男子の不満をご紹介しました。もちろん、これは男子と女子の違いなので、どちらがいいとは言えません。ですが、男子もいるときは、彼らの考え方も気遣ってあげてくださいね。

 

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!