好きなのバレバレ!本当はデートに誘いたい男のシャイなLINE3つ

みなさんも、よくLINEをする男友達はいると思います。 その中には、本当の友達もいるでしょうし、本当はあなたをデートに誘いたい男性もいるでしょう。 あなたも、もしかしたら「本当はデートしてみたいな」と思っている相手がいる…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんも、よくLINEをする男友達はいると思います。

その中には、本当の友達もいるでしょうし、本当はあなたをデートに誘いたい男性もいるでしょう。

あなたも、もしかしたら「本当はデートしてみたいな」と思っている相手がいるかもしれませんね。それが相思相愛だとしたら、もったいない話。

なんとか、ちょっとしたLINEの特徴から、それを確かめる方法はないでしょうか。

そこで今回は、元No.1キャバ嬢で恋愛コラムニストのナナミ・ブルボンヌさんに、本当はデートに誘いたいけど、なかなか誘えないシャイな男性が送ってくるLINEの特徴についてうかがいました。

 

■1:デートスポットっぽいところの情報

「写真付きで“美味しい焼き鳥なう”とか、“今、●●美術展開催しているらしいよ”とか、デートスポットっぽいところの情報を、頼まれもしないのに送ってきた場合、実はそこに誘いたい気持ちが見えますね。

“えー! 行ってみたーい!”からの、“じゃあ、今度一緒に行く?”という流れを期待しているのです。

ですが、女性のほうも、関係性が微妙だと“行ってみたい”を言うのはどうかな……と考え、“美味しそうだねー”くらいの返信にしてしまいます。そこから相手が誘ってくるのを、こちらも期待しているのですね。

ですが、シャイな男性の場合、“本当に美味しいよ”と、流れをそっちにしてしまいます。そこでまた、“行ってみたい”を期待しているのです。本当に、不毛ですよね。

埒(らち)があかないと思ったら、“行ってみたーい”くらい送ってあげるとよいですよ。“あなたと”とは言ってませんから、ドキドキさせつつ、スカすことも可能です」

 

■2:彼氏がいる前提トーク

「彼氏がいるともいないとも言っていないのに、“彼氏と行ってくればー?”など、こちらに彼氏がいる前提で話を進めようとする男性も、ほぼ間違いなく、あなたを狙っています。

“彼氏なんていないよー”と言うのを期待しているのですね。だからといって、“彼氏いないよ”と言っても、“じゃあ、俺と付き合ってよ”とストレートにはきません。なんせシャイだから。

“へぇ。いるかと思った”くらいが関の山。優しく“いそう?”と聞いても、“いるわけないか(笑)”とジョークっぽく流してしまうでしょう。

しかし、これで精一杯の愛情表現なのです」

 

■3:ヒマ・アピール

「積極的な男性の場合、必要以上に忙しいアピールをしてきます。“19日の20時以降か、20日なら21時以降かな”とか、ピンポイントで指定してくるくせに、“18日じゃないと今週は難しい……”と言うと、意外と合わせてくる、実はヒマ人パターンです。

ですが、シャイな男性はその逆で、一生懸命に“ヒマ”なことをアピールしてきます。いつもヒマ。いつでも空いてる。たまには誰かと遊びたい……。こんな話を聞かされるのは、たまったものじゃないですが、ヒマだからいつでも誘ってくれてOKだよ!という懸命なアピールなのです」

 

いかがでしたか。シャイな男性が送りつけてくる“実はデートに誘いたい”LINEの特徴を3つご紹介いたしました。こうやって見ると少しウザいですが、あなたも気があるなら、こちらから誘ってあげてもいいかもしれませんね。

 【取材協力】

※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書『キャバ嬢とヤれる極意』も絶賛発売中。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!