ヒール女に物凄いスピードを要求する「競歩オトコ&全速力オトコ」にはご用心!

マンネリカップルは別として、まだ付き合って日の浅いカレの前ではファッションにも気が抜けませんよね。 “お洒落はガマン”とはよく言いますが、歩きにくかったり、肩が凝ったり、寒かったり、締めつけで苦しかったり・・・etc.。…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンネリカップルは別として、まだ付き合って日の浅いカレの前ではファッションにも気が抜けませんよね。

“お洒落はガマン”とはよく言いますが、歩きにくかったり、肩が凝ったり、寒かったり、締めつけで苦しかったり・・・etc.。女は本当にガマンの連続で美を装っている生き物です。

そんな美の努力も木っ端微塵に蹴散らすオトコ。それこそ女に歩調を合わせることなく、歩幅もスピードも半端ない競歩男ではないでしょうか。

振り返ってもくれず、それでもはぐれない様必死で追いすがると、段々横っ腹が痛くなるわ、ヒールは溝に嵌るわ、変な汗かいてきて貧血起こしそうになるわで、もうたまりません。試しに腕に掴まってみても、今度は引きずり倒される危険さえ感じてしまいます。

「ここは国立競技場内のトラックかしら?」
「皇居の前で待ち合わせしたっけ?」

そう思いながら目的地に着いた頃には、髪は湿気でボサボサ、メイクは崩れ、カバンの中はグッチャグッチャ。

似た様な経験されたことある方も、きっといらっしゃるのでは?

私なりに研究しましたが、この手の男性はどちらかというと高学歴で、シャイで女性に照れがあり、異性をエスコートする事に慣れていないタイプが多かったです。女性の顔を見ながらゆっくり会話することや、目を合わせるのにも緊張するんでしょうね。

ある知人の話ですが、見合い後にホテルを出てみたら、あいにくの雨。傘を持ってなかったので戸惑っていると、インターハイ出場経験のある見合い男性が「強くならないうちに、駅まで走りましょう!」と、駅まで徒歩20分はかかる坂道を全速力で走らされたそう。5~6cmの中ヒールを履いていたようですが、途中で本降りになりハンドバッグの中身を路上にぶちまけてしまうなど、散々な思いで駅に到着。

挨拶をして男性と別れ、駅のトイレで鏡を見たら、美容院でアップした髪はビショビショの乱れ髪で、アイメイクやファンデーションは雨と汗でドロドロに流れ落ち、まさに惨憺たる有様。白系の淡い色のスーツを着ていたらしいのですが、クリーニングでも落ちなかった程の泥もついてしまい、「タクシー呼んでくれればいいのに! あのオトコ絶対許さない!」とずっと怒っておりました。

見合いの格好してる女を雨の中、ずぶ濡れで全力疾走させるオトコ・・・。

もちろん速攻でお断りしたそうですが、こんな競歩男&全速力男は確実にいますからご用心を!

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!