年収1千万円以上の男を落とすために必要なこととは?

仕事ができて金を稼ぐ、年収1千万円以上の男。 給料が高い一流企業や外資系企業の会社員、高級官僚、経営者、医者や弁護士などが、1千万円以上稼ぐ男の職業です。 彼らを落とすべく、ファッション、美容、仕草、会話術、料理や掃除の…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事ができて金を稼ぐ、年収1千万円以上の男

給料が高い一流企業や外資系企業の会社員、高級官僚、経営者、医者や弁護士などが、1千万円以上稼ぐ男の職業です。

彼らを落とすべく、ファッション、美容、仕草、会話術、料理や掃除の腕などを磨いている女性たちがいます。でも、年収が高い男は、見た目の美しさや家庭的なところなんて求めていないんです。

というのは、私の子どもが行っている保育園には、お父さんが医者、弁護士、歯科医、作家、高級官僚、経営者などの裕福な家庭が多くあります。それらの家のお母さんの職業を聞くと、医者、弁護士、教師、一流企業のキャリアウーマンなど、みんなバリバリ仕事をしているのです。つまり、ダンナの稼ぎで十二分に食べていけるのに、仕事を続ける道を選ぶ女性がセレブ男の妻になっているんです。

夫婦で弁護士をやっているママ友の高級マンションでのホームパーティに呼ばれたのですが、そこに来ていた弁護士たちの妻もキャリアウーマンが多かったですね。専業主婦の人もいたのですが、彼女はすごいネットオークションマスターで、英語力を生かして海外のオークションに出品代行や落札代行を行っているとのこと。タダモノではない男には、一筋縄ではいかない女がパートナーになる。やはり、人間は“似たもの同士”がくっつくんですよね。

 

とはいえ、女性ですもの“努力しないで実現するシンデレラストーリー”を夢見るものです。私なりの結論は“自分を好きになり、自信を持つこと”そして、“自分の仕事を愛すること”にあると思います。男たちは職業で女性を選んでいません。その人の強さや魅力で結婚しているのですから。

セレブ男に何らかの“引け目”がないマインドになれば、男なんて向こうからやってくるはずですよ!

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!