お口からドロッ…!お泊りで彼が幻滅する「女の添い寝姿」3つ

緊張とドキドキが入り交じる彼とのお泊りデート。楽しかった一日を終え、彼と一緒にベッドイン……。 実は多くの女性が見落としがちなのですが、このベッドイン後の“添い寝姿”は彼の気持ちを左右する重要なポイントだというのです。 …
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

緊張とドキドキが入り交じる彼とのお泊りデート。楽しかった一日を終え、彼と一緒にベッドイン……。

実は多くの女性が見落としがちなのですが、このベッドイン後の“添い寝姿”は彼の気持ちを左右する重要なポイントだというのです。

そこで今回は『Menjoy!』が500人の男性を対象に実施した「女性との添い寝」(協力:クリエイティブジャパン)の調査結果を参考にしながら、お泊りデートで彼が幻滅してしまう女性の寝姿についてみていきたいと思います。

 

■1:イビキがうるさい!

「おやすみ」と、どんなに可愛らしく言ってみても、その後に大きなイビキをガーガーとかきはじめたら男性はびっくりしてしまいます。

“イビキをする”ということだけで、その女性への好感度は下がってしまいますし、イビキの音量が大きいと男性の安眠を妨害することになってしまいます。

男性に「やべぇな、この子と結婚したら毎晩これかぁ……」と思われないように注意が必要です。

 

■2:口からよだれがドロッ……!

愛する女性の可愛い寝顔。それを邪魔する一筋の光……そう、よだれです。

どんなに綺麗な寝顔をしていても、その口元からよだれがたれていると、男性としてもどう反応していいかわかりません。せっかくの綺麗な顔が台無しです。

彼女のよだれまで愛おしく思い、さっと拭いてくれるような男性であればよいのですが、多くの男性は女性のよだれを見てゲンナリしてしまいます。

 

■3:寝ていたら殴られた!

男女のお泊りデート、その一夜を台無しにしてしまう最大の問題点として挙げられるのは“寝相”の問題です。

イビキやよだれを我慢できるという男性でも、自分が寝ている間に殴られたり、蹴られたり、かけていた布団を女性に全部持っていかれたりすれば、安眠できません。安眠できないことはイライラに繋がりますし、翌日にも響いてきます。

「この子と結婚すると、毎日眠れないのかぁ……」と男性に思わせてしまうと最悪です。

「俺たち相性が悪いよね」と言われてフラれることの多いあなた。心当たりがない場合、もしかすると寝相が破局の原因なのかもしれませんよ。

 

いかがでしたか?

眠りに落ちた後の寝姿は、自分の意思ではコントロールできないものですし、自分がどんな姿で寝ているのかわからないことでもあります。彼を幻滅させる前に、家族や親しい友人に自分の寝姿の問題点を聞いてみるのもよいかもしれませんよ。

 【参考】

※ まるで天使…じゃねぇーし!彼氏がウゲッと幻滅する「女の寝顔」4つ – Menjoy!

 【画像】

By kee0952 (改変 gatag.net)