コレがホンネ?女子が妄想しても「男はヤりたくない」リアル3つ

意中の男性と交際に至った暁には、「あんなコトやこんなコトを楽しみたいっ!」って思いますよね? ですが、膨らんだ妄想とはウラハラに、交際に至ってもスイートな時間を取れずにモヤモヤするのがリアルだったりしませんか? 「友達カ…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

意中の男性と交際に至った暁には、「あんなコトやこんなコトを楽しみたいっ!」って思いますよね?

ですが、膨らんだ妄想とはウラハラに、交際に至ってもスイートな時間を取れずにモヤモヤするのがリアルだったりしませんか?

「友達カップルはきっと、あんなコトやこんなコトもヤッているんだろうな……」と、自分だけ不幸な恋愛にハマってしまったような気になったりするものです。

でも、女子が永遠の憧れとして妄想していても、オトコ的にはまったくヤリたくないことも多々あるよう……。

今回は、市議時代から魑魅魍魎(ちみもうりょう)な男女模様を垣間見てきた筆者が女は妄想するけれどオトコはヤリたくないリアルを3つお伝えします。

 

■1:頭をポンポンと叩きながら愛を語ってくれる

壁ドンや頭ポンポンは多くの女子の憧れとして話題になりましたけれども、妄想の世界とはウラハラに多くの男子は実践することがない様子。

人様の頭をポンポンするなんて気がひける……という男子もいますので、頭ポンポンをしながら優しく愛を語る……というシーンは妄想の世界でしかないよう。

愛を語ってくれることはあっても、頭をポンポンしながら語ってくれるベストなシチュエーションは妄想のなかのお話なのですね。

 

■2:世界の中心で愛を叫んでくれる

ドラマや映画でありがちなのが、大勢の前や登山したときなどに愛する女性の名前を叫びながら愛を告白してくれるシーンですよね。

ですがこれも、どんなにカノジョのことを愛していたとしても、ヤりたくないと思うのが多くの男子のホンネだそう。

大勢の前や公共の場所で「好きだー!」と叫んでくれるのは女冥利につきる瞬間かもしれませんけれど、リアルな世界では起こりにくいシチュエーションとして、妄想の世界のお話になりがちなようです。

 

■3:夜中に「今から会いたい!」とLINEが来て迎えに来てくれる

夜中に突然、カレシからLINEが来て「今から会いたい! 迎えに行くよ」と会いに来てくれるシチュエーションって胸キュンものですよね。

でも、リアルな世界ではなかなか起こりにくい話でもあるのだそう。

酔っ払ったオトコから「会いたいぜ~」とLINEが来ることはあっても、そのまま迎えに来てくれて熱~い抱擁を交わす……というシーンはリアルでは少ないようです。

ラブラブ絶好調でも、夜中に思い余って駆けつけちゃう! なんてシーンはなかなか起こりえないのがリアルなのかも。

 

いかがですか?

愛するカレシが期待通りの行動をしてくれると、女子的には嬉しいですよね!

でも多くのオトコは、女子の妄想や期待に対して「そんなコトできるかよっ!」と感じているのも真実なよう。

あなたのカレシは、あなたの期待をいくつ叶えてくれましたか?

 【画像】
Oleg Baliuk / Shutterstock

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!