実録!? 過激すぎる「女子たちに聞いたアブノーマルプレイ集」5つ

男性と女性の刺激的な願望を突き詰めると行き着く先はアブノーマル。ダメな場所で危険を犯したり、コスプレしたり、目隠ししたり、ソフトなのからハードなのまで、パートナーと行為をすることについて、まとめてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは、恋人とアブノーマルなプレイをしたことはありますか? プレイといえば、SMプレイやコスプレ、他にも露出プレイなど様々ありますよね。

いつものエッチがマンネリしてしまったり、もう少し刺激が欲しいときにちょっといつもと違うプレイをしてみたカップルたちも多いと思います。

でも実は世の中には、SMやコスプレといったプレイ以外にも色々と過激であったり変わったプレイをするカップルもたくさんいるとのこと。

そこで今回は、「みんなのアブノーマルプレイとはどういうものかしら?」という質問を抱えて、女性たちに調査した結果をお送りしたいと思います!

 

■1:チョコレートになって……

「私も彼もチョコレートが大好きなんですよ。それである日、チョコレートソースを体にかけて、お互いに舐めあいっこしてたんですけど、それがエスカレートしてしまって」(34際/事務)

—どういう風にエスカレートしたのですか?

「チョコーレトソースじゃなくて、チョコレートを溶かして体に塗って、普通のチョコレートを作るみたいにかためたんです。それで指とかがチョコみたいになるんですけど、彼がそれを食べていくみたいな。私も食べられていく不思議な感じに興奮しました」

—それって誰の発想で?

「彼です。元々小説家志望なので、結構変わった発想が多くて。最近は、江戸川乱歩の小説をたくさん読んでいるみたいですが、同じことされるのかドキドキハラハラしています(笑)」

よく、生クリームやシロップをかけるプレイは映画などで見ますが、まさかチョコレートを塗ってかためて食べるとは、とんでもない発想ですね。さすが小説家志望の彼、将来是非彼の作品を読んでみたいものです。

 

■2:監禁されて……

「すごい言葉は悪いんですけど、前に”監禁されるのってどんな感じなんだろうねー”って彼とニュースの話をしてて、彼がそのとき冗談で ”なにそれ、されたいの?”って聞いてきたんですよ。まぁちょっとMっ気もあるし、恋人にされるならいいかなって思って、自ら監禁してってお願いしたんですね」(30歳/飲食)

—え、勇気ありますね……。いくら恋人とはいえ、怖くなかったですか?

「最初はどうせ部屋でダラダラするだけだと思ってたんですけど、3日くらい出ないとさすがにおかしくなってきて。しかも結構本格的に、彼に携帯使う時間を制限されてたんです! そんなの聞いてないし!とか思って怖くなり、最後にはもう“気分が悪くなってきた”と言ってなんとか部屋の外に出たのですが」

—本格的にって、その彼大丈夫!?

「そうですよねー(笑)。今思えば全然笑い事じゃないし、あのまま続けたらマジで監禁になっちゃうんじゃないかと。もちろん怖くなってすぐに別れましたよ。どんなにMな子でも、絶対に変なお願いはしないほうがいいです」

さすがに自ら監禁してくれというお願いは普通ならしないと思いますが、彼女はちゃんと脱出(?)ができてよかったと思っています。

 

■3:彼を縛って……

「コスプレとかはよくするんですけど、最近のアブノーマルプレイといえば、彼氏を縛ったことがあります。別に彼がMとかなわけでもなく、とある方の不倫騒動がニュースになったときに、”この人とエッチする女の子たちってどういう気持ちなんだろうね”って話になっちゃって。

それで彼が、“俺のこと縛ったらなんとなくわかるんじゃないの?”って言うので、どうだろうね~って言いながらベッドに両手両足を縛って身動きとれないようにしたんですよ」(28歳/販売)

—彼が動けないままエッチしたってことですか?

「はい。それが、すごい興奮しちゃって。いつもは責められるほうがいいのに、身動きとれない彼がいて、自分は好きなように動けるって思うとびっくりするくらい気持ちよくって。彼はというと、狂ってしまったかのように乱れた私の姿にひどく興奮していました」

不倫騒動ニュースからそのようなプレイが思いつくとはびっくりです。それでも気持ちよかったなら何より。

 

■4:雨の日に……

「プレイではないんですけど、雨の日にダラダラとセックスをする習慣があるんです。いつもは別にしないのに、なぜか雨が降ると家で雨音を聞きながら、いつも流れでセックスしちゃうんですけど、彼と“おざなりセックス”って呼んでますね」(35歳/事務)

—ダラダラとするっていうことは、 最後までやらない時もあるということですか?

「ありますよー。ただダラダラとしてる感じが好きっていうか、特に興奮することもなく、やることないからセックスしよーぜみたいな勢いですかね。でもなんだかそのほうが私たちに合ってる気もするんです。仲もいいし、関係はとても充実してますよ」

プレイといえば過激で激しいものが浮かびますが、まさかのおざなりなセックスとは予想できませんね。でも、小説のワンシーンみたいでロマンチックな感じもします。

 

■5:食べもの乗せて……

「プレイですか~。やだなぁ、これ言ったらドン引きされそう。体の上に食べ物を乗せて食べ合いっこしてます。なんだろう、目玉焼きとか、ベーコンとか、朝ごはんのときにやって、そのままエッチしちゃったり…」(31歳/美容)

—それってなんか女体盛りみたいな? 他に何かかけたりするんですか?

「女体盛り(笑)。そうかも~。他にはパンケーキのシロップとかはありますね。ブレックファストインベッドみたいに、ほぼ毎週末やっていますね。唯一お互い一緒にゆっくりできる時間なのでいろんな方法で楽しんでいます。ちなみに付き合って5年ですが、今でもラブラブなんですが、こういう時間のおかげかな~」

今回もまたまた食べものプレイ。人はお互いの体を味わうことに興奮を覚えるのですね。マンネリのカップルも、やってみてはいかがですか?

 

いかがでしたか?

他にも自分の髪の毛(陰毛も)を恋人に持ち歩いてもらったり、野外でプレイをしたりと、さすがに『Menjoy!』の記事にするのはどうかと思われるような過激な内容もありましたが、みなさん実に興味深いセックスライフを送っているとのことでした。

中には試したくない過激なこともありますが、人は見かけによらず、あなたの周りにいる人たちも、不思議なプレイをしているのかもしれませんね。

 

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!