ギリ許容範囲!? 「彼ママのイラっと言動」許せるライン調査…1位は

とっても残念なお話ですけれども、世の中には風変わりだったり性悪だったりする女性もいるもの。 そして、そんなイヤな女性が愛する彼のママだったら……! これ以上に悲劇的な展開はないかもしれません。 婚約をした後に彼ママとの接…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とっても残念なお話ですけれども、世の中には風変わりだったり性悪だったりする女性もいるもの。

そして、そんなイヤな女性が愛する彼のママだったら……! これ以上に悲劇的な展開はないかもしれません。

婚約をした後に彼ママとの接触が増える女性も少なくありませんけれども、交際当時にはわからなかった風変わりな本性が見えてきたら……。婚約破棄を検討しちゃう女性もいますよね。

そこで今回は、『Menjoy!』が206名の女性から回答を得た独自調査結果を参考に、風変わりな彼ママでも女子がガマンできる範囲のトップ3をお伝えします。

 

■同率2位:“色が黒いから花嫁姿が心配だ”など肌の色に言及してくる

10個の言動を挙げて「どんなに彼を好きでも結婚を考え直したくなる(と思う)彼ママの言動をひとつ選んでください」と単一回答で質問をしてみたところ、ダメながらも他の言動よりはマシ……とガマンしちゃう事柄が明らかに。

具体的には、5.3%の女性が選びガマンする2位になった項目は2つで、1つ目は「“色が黒いから花嫁姿が心配だ”など肌の色に言及してくる」です。

わざわざ肌の色に言及してくるあたりが性悪っぽさを含む言動でもありますけれども、「イヤな女性!」と思いながらも、愛する彼のためにガマンする女性が多そうです。

本来、結婚式は花嫁のものであるはずなのに、“心配してる”という言い方がなんとも嫌味ですし、挙式当日には彼ママのフレーズが頭の中をリフレインしそう。

 

■同率2位:美意識が高すぎる

続いて、同じく5.3%の女性が選び「まだガマンできるほうだ」という2位になっていた2つ目は「美意識が高すぎる」でした。

彼ママが年甲斐もなくエベレストのように高い美意識を持ち合わせていると、色々と煩わしいことも出てきそうです。

「彼ママが気に入るといいな」とケーキを焼いて行ったのに「私、グルテンフリーの生活をしようと思っているのよ!」などと言われても困ってしまいますよね……。

とはいえ、美意識を尊重した上で付き合えば面倒なことも少なそうなので、まだガマンできるという女子が多いのかも。

 

■1位:“もっと地味な服を着なさい”などメイクや服装に意見する

そして、同調査でわずか4.4%しか選ばずに“マシ”な1位になっているのは「“もっと地味な服を着なさい”などメイクや服装に意見する」でした。

息子の嫁にふさわしい女性にしようと、アレやコレやと外見に意見してくる彼ママもいるのが事実。

ですが、同居でもしていない限りは、彼ママと会う時だけ好みの外見に装えばOKなので許容範囲だと考える女子も多いのかもしれません。

あまりうるさく言われると面倒くさそうですけれども、他の言動よりは「まだマシ」なようです。

 

いかがですか?

彼ママが風変わりな女性だと、嫁いだあとには想定外の苦労がありますよね。

とはいえ、欠点のナイ彼ママも珍しいもの。あなたは、どのレベルまでならガマンできそうですか?

 

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!