見てるだけで不愉快に!SNSで「勘違い女」認定される行動4つ

今やスマホで写真を撮ったものをいつでもどこでも全世界に向かって発信できる時代です。でも、この怖さを現実的に感じている人って少ないですよね。 もちろん自分が書きたいことを好きに書いて発信できるのがSNSのいい面でもあるので…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今やスマホで写真を撮ったものをいつでもどこでも全世界に向かって発信できる時代です。でも、この怖さを現実的に感じている人って少ないですよね。

もちろん自分が書きたいことを好きに書いて発信できるのがSNSのいい面でもあるのですが、それを見た側がどういう風に感じるのかを考えておくことは重要でしょう。

もしかしたらあなたの行動が男性から“勘違い女”認定されてしまっているかもしれませんよ。

そこで現役ホステスである雅さんに、SNSで“勘違い女”だと認定されてしまう危ない行動について教えてもらいました!

 

■1:女子力高い食事アピール

「SNSに上げられる写真の中でいちばん多いと言っても過言ではないのが食事の写真ではないでしょうか。この食事について毎回女子力の高さをアピールしようとする人がいますが、これは男性から見たら勘違い女と思われてしまいます。

人間毎日3食食べるわけですから、そんなに食事にばかり気を配っていられるわけではありません。それなのに、女子力高い食事ばかりをアップしているのは不自然なのです。

たまには“今日はコンビニ弁当でーす”と言う普通の部分をみせていかないとこの不自然さはぬぐえません」

 

■2:自撮り写真だらけ

「食事の写真の次に多いのが自撮り写真です。中には食事プラス自撮りという写真もありますよね。こういう写真ばかりが並んでいるSNSをみて男性が思うことは“モデル気どりの勘違い女”という厳しいモノです。

もちろん自撮りが悪いと言っているわけではありませんが、自撮りはある程度自分に自信がなければ全世界に向けてアップなんてできないはずですよね。

“この子は自分に自信があるんだなぁ”と思われてもいいという人以外は、あまり頻繁に自撮り写真をアップするのは避けた方がいいでしょう」

 

■3:美容に悪いから……

「SNSで発信する言葉の端々に“○○は美容に悪いから”とか、“○○しちゃった!お肌によくないのにー”などと書いている女性がいます。

もちろん美容に関心が高いのはいいことなのですが、男性からするとそんなことはどうでもいいことととらえられがちです。

そして美容に悪いからと言って“○○は絶対に食べない”などと公言していると、“いやいやそれは違うでしょ”と引かれてしまうこともあります。時には美容など関係なく自分のしたいことをしたいようにしている方が魅力的にうつるものですよ」

 

■4:批判ばかり

「SNSでの発言は基本的にマイナスなモノばかり……という女性も多くいますよね。誰かに対する愚痴だったり、何かに対する批判だったり、たまたま遭遇した嫌な出来事だったり。

ですが、そうやって批判ばかりをしている女性をみて男性が思うことは“こいつは何さまなんだ”ということです。

もちろん理にかなった批判を適度にするのはOKですが、全世界が自分の敵のごとく、いいことを全然言わない人の周りからは人がいなくなっていくのが世の常と言うものです。

気分にまかせてなんでもかんでも批判をSNSにのせるのは覚悟をもってしたほうがいいでしょう」

 

いかがでしょうか。SNSって全世界に発信されているってことをついつい忘れがちですよね。それくらい身近なツールになっているというのもありますが、再度そのことを認識し直して気をつけたいものです。

あなたも男性から“勘違い女”認定されないように注意してくださいね!

 【取材協力】

※ 雅・・・新宿歌舞伎町にあるお店で働いているホステス。ハプニングバーで働いたことからMな男性を操るのが得意。容姿端麗で留学経験をもつ才女。モットーは「お酒を操る女はモテる」。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!