現役ホステスが暴く!「何年も彼氏がいないNG女」の特徴

現在スポニチで『世界のセックス』を、リアルライブでキャバクラコラムを連載中のライター、秋田まちこさん。 現役ホステスの彼女のお店には、女性のお客様も頻繁にいらっしゃるそうです。キャバクラにやってくる女性客とはいったいどう…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在スポニチで『世界のセックス』を、リアルライブでキャバクラコラムを連載中のライター、秋田まちこさん。

現役ホステスの彼女のお店には、女性のお客様も頻繁にいらっしゃるそうです。キャバクラにやってくる女性客とはいったいどういった人なのでしょうか?

 

■男ができない女たち

「お客様の中には、飲み会帰りにノリで女性の部下を連れてこられる方がいるんですね。私なんかは男っぽい性格なんで、よく女性のほうから相談をされることがあるんです」

なんでもその悩みの多くが「○年彼氏がいない」という内容。そして、そういった女性はある共通点を持っているのだとか……。

 

■自己主張の強すぎる女

「ずっと彼氏ができないことに、“忙しい”だとか、“出会う場がない”と言い訳する人が多いなと思います。でもそういう人の大半って、ほんとに可愛げがないな、と見ていて思うんですよ」

秋田さんのいう“可愛げがない”とは、一体何なのでしょうか。

「例えば、自己主張が強すぎてどんな会話でも“勝ちたい”タイプの女性。男ウケの悪さナンバー1なんじゃないでしょうか。

“そうね、そういう意見もあるのね”と流せばいいようなことに対し、“いや、そこはこうあるべきよ”とか、“だからそうじゃなくて”といった風にどんなことにも突っかかっていく。男性からしてみれば、こんな面倒くさい会話したいわけないですよね」

確かに、男女関係において会話ってとても大事ですよね。秋田さんは続けます。

 

■酒の席で金の思い出に浸る女

「なんだかこの手のタイプの女性に最近出くわしますね(笑) もちろんお店なので男性もいる酒の席ですよ。

過去の恋愛話なんですが、“あの男には何を買ってもらった”とか、“どこに連れて行ってもらった”とか、自慢話が目立つ人。気をつけてください、男性陣は引いてます。

“そのくらいのことをしてあげないといけない面倒くさい女”をアピールしても、誰も寄り付くわけがありません」

と秋田さん。酔っ払うとつい、どうでもいいことまで話してしまいがちですよね。どうやらそこには超えてはいけないラインがあるようです。

 

彼氏がなかなかできないと嘆くあなた。もしかすると、“出会いがない”のではなく、“出会いを逃している”だけなのかもしれませんよ。

 

【参考】

※ ノンフィクションライター・秋田まちこ