どんな男性とも相性バッチリ!「抱かれ上手な女」になるための4ヶ条

女性だって、刺激的で気持ちいいエッチを本能的に求めているもの。ひとりの人とずっと愛し合うのもいいですが、色んな男性からモテたい気持ちもありますよね。どんな男性とも相性がよく、「あの子をまた抱きたい」と思われるような、抱かれ上手な女になりたい人もいるのではないでしょうか。抱かれ上手な女になるための4ヶ条をご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:肌が合う

触れただけで気持ちがよく、肌質や体温が一致することを肌が合うといいますが、それはとても大事なこと。

ちょっと触れただけでも、相手をドキっとさせ、とにかく肌の感触が合うので“ずっと触っていたい”と思わせるのです。

「これっていつでもすべすべの肌でいなきゃいけないってこと?」

そういうわけではありません。

肌が合うというのは相手の肌質と似たものがある、体温が似ている、皮膚がくっつきあってフィットする、という感覚。なので相手の男性に近い肌質を保つことが大事なのです。

普段から使っている香りつきのローションやオイルなどを、外出する時でも体につけるのは女子力が高くて素敵ですが、男子からするとなんだかベタベタしている……!とも思われがち。

実はお風呂上がりにオイルを塗るだけで十分。あとはたくさん水分を摂ることによって潤いを保てば、自然に触っていて気持ちのいい肌になります。

 

2:自然体

自然体の女性って素敵だし、男性からもモテる感じがしますよね。

「でも自然体って一体どんな感じなの?」と同時に疑問を抱える人も多いと思います。

着飾らなかったり、いつも明るく笑顔でいたりすることも大事ですが、自然体として一番大切なのは、「相手に落ち着く気分を与えること」。

例えば、ふたりでいる時に沈黙になっても焦らないことや、相手の懐にすっと入れるような女性。

筆者は、「なぜか知らないけど一緒に寝るとぐっすり眠れる」とよく言われます。振り返ってみると、あまり相手を気遣ったりはせず、ふたりで寝ても、いつもひとりで寝ているような気持ちで寝ていたり……。ふたりだけの空間を大切にし、相手の懐に先に入っておくことを意識することが大事なのです。

 

3:Spooning(スプーニング)

みなさん、Spooning(スプーニング)という言葉はご存じですか?

Spooningとは、スプーンするという意味で、恋人同士が寝る時に、向かい合ったり隣同士で寝たりではなく、片方、例えば男性が女性の背後から抱きしめる形になる時、お互いの膝を曲げて重なり合う状態で、これをSpooningと言います。

このSpooning効果は、「肌が合わないのかな?」や、「お互いの体型のバランスが合わないかな?」と思うカップルでも、不思議とあっという間にひとつになれる体勢。なんだか今すぐ試してみたくなりますよね。

また、男性を大切な女性を守っているかのような気分にさせることができます。女性らしさをグンっとあげることができる、まさに抱かれ上手な女性のテクですね。

 

4:感じやすい

最後に、抱かれ上手な女として大事な要素は「感じやすい」女性。

男性が「もう一度抱きたい……!」と思わせるためにはやはりエッチで感度が高い女性になることですよね。

表情や声で感度の良さを表すのはもちろん、体の反応も良好に見せるテクは、男性にいつまでも抱いていたいと思わせることができるので身につけていて欲しいもの。

自分とのセックスで気持ちよくなっているんだ……と、男性の自信やプライドを刺激することができると、男性は余計に愛おしく感じてしまうものなのです。

 

抱かれ上手な女になりたいという人には是非参考にしてもらいたい4ヶ条でした。エッチをしてからでも、相手を夢中にさせることはできるものです。

この秋は、「もう一度ぎゅーしたい!」と相手に思わせるようないい女に、なってみませんか。