これが本命の証拠…!男が「本気の女にしか聞かないこと」4つ

「彼、私と結婚することを考えてくれているのかなぁ?」 お付き合いが続けば、誰しもが一度はそう思った経験があるはずです。自分は彼にとって “本命の女”なのか、それともただ遊び程度に付き合っている女なのか。この二つの違いは重…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「彼、私と結婚することを考えてくれているのかなぁ?」

お付き合いが続けば、誰しもが一度はそう思った経験があるはずです。自分は彼にとって
“本命の女”なのか、それともただ遊び程度に付き合っている女なのか。この二つの違いは重要な問題ですよね。

そこで今回は、『Menjoy!』が男性500人に実施したアンケート調査の結果を参考にしながら、“男性が本気の女にしか聞かないこと”を見ていきたいと思います。

 

■1:過去の男性遍歴

基本的に男性は彼女の男性歴を聞きたくないものです。愛おしい彼女が過去にどんな男に抱かれてきたかなど知りたくもありません。

しかし、男性が彼女の男性遍歴に興味を持つときがあります。それは彼が彼女との結婚を考えていて、彼女が“浮気性”ではないかどうかを確かめたくなるときです。

過去の恋愛経験を聞けば、彼女の“男癖”がなんとなくわかりますから、男性はそれを参考にして将来のことを総合的に考え始めるのです。

 

■2:相手の家族のこと

遊びで付き合っている相手の場合、相手に結婚を意識させてしまうような“家族の話”は避けます。結婚する気がない相手に家族のことを聞いて「じゃぁ、家に遊びに来る?」となったら大変です。

逆に、あなたと真面目に交際している男性は、彼女の家族のことを気にします。デートの際に女性を連れまわし過ぎて家族から文句を言われるのを恐れますし、結婚を考えていれば相手の家族のことは自ずと気になるはずなのです。

 

■3:仕事のこと

軽い気持ちでお付き合いしている場合なら、わざわざ休みの日にまで仕事の話をしたいとは思いません。その場が楽しければいいのですから、違う話題で盛り上がるはずです。

しかし、彼があなたとの将来を真剣に考えてくれているのであれば、お互いの仕事のことは把握しておきたいものなのです。収入や職場の場所など、もし結婚すればそれらのことを考えないといけません。

また、男性がプロポーズを考えている場合も、彼女の仕事の状況を見て実行したいと考えていることも少なくありません。彼女が多忙な時期にプロポーズしても迷惑がられるだけかもしれないと恐れるのです。

 

■4:子どものこと

話をするとダイレクトに結婚を意識することになる“子どもの話”も、男性は本気の女にしか聞かない質問です。

合コンの場など、まだ男女の関係が薄い時期ならば話題の一つとして「子どもは何人欲しい?」などと聞くこともできますが、いざお付き合いが始まり、“子どもを作る”ということが現実味を帯びてくると、なかなか話せなくなる話題ですよね。

しかし、結婚を意識している男性などは、彼女は何人子どもが欲しいと思っているのかを聞き出し、そこから結婚の時期を逆算したり、収入を鑑みたりするのです。

 

いかがでしたか?

結婚を意識しているような男性は、これらの質問を通じて、彼女のことをもっとよく知ろうと思ったり、結婚について考える材料にしたりします。彼にこういう質問をぶつけられたら、女性のほうも覚悟を決めたほうがよいのかもしれませんね。

 【参考】

※ こんなに現実的だとは!男が「本気の女にしか聞かない質問」6つ

 【画像】

Lucky Business / shutter stock

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!