マッチングアプリでセフレを探す男がチェックしていること3つ

出会いのスタンダードな選択肢のひとつになりつつあるマッチングアプリ。純粋な出会いももちろんですが、独立した関係性を築けることから、そこでセフレを探す人も増加しています。そこで今回は、男性がマッチングアプリでセフレを探すときに、「イケるかイケないか」の判断基準としていることを調べてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:マッチングアプリでのセフレ探しは増えている

マッチングアプリでの出会いというのは、自分の友人たちには認識されづらいもの。だからこそ、セフレという、ある種公にしづらい関係を求めるのには、ちょうどいいという声もあるのです。

女性にとってもれば、マッチングアプリで会ったばかりの男性から「こいつはセフレにできそうだな」なんて思われていたとしたら、心外中の心外ですよね。

もちろん、直接的には「お付き合いはしないけど、セフレになりませんか?」なんて言ってはきません。ですが、頭の中ではちゃんとそう考えていて、作成を張りめぐらせてくる可能性は十分にあるのです。

 

2:アプリでセフレ認定される女性の特徴3つ

実際、男性たちに「セフレにできそうだな」と思われてしまうアプリ女性の特徴をに聞いてみました。

(1)押しに弱い

「アプリでのメッセージでのやりとりの中に、ちょっと強引さを混ぜ込みますね。そのとき、男性に押されるのが苦手じゃなくて、流されちゃうタイプだったら、いけるって思いますね。

強気に出てくる男性になかなか逆らえないっていうのは、例えばメニューの選び方とか、二軒目への誘導のタイミングとかでもわかりますから」(Aさん・32歳男性)

(2)自信がない

「自分に自信がないタイプの女性って、自分のことを評価してくれる相手に対して、無条件でプラスに考えてくれる好きになってしまいやすいんですよね。だから僕がアプリで狙うのは、あんまりプロフィールとかを書き込んでない、自己肯定感薄めの人。

そういう子とアプリで会って、いい雰囲気にもっていけたら、その後ちゃんとエッチしたいっていう気持ちを伝えれば、“カラダの関係を持ってもいいかな……”と思ってもらいやすい気がします」(Uさん・25歳男性)

 

(3)無防備な露出

「露出にも2種類あって、自分の体に自信があって、アピールしようとしているような露出は、実はけっこうガードが堅い。こういうタイプは男から言い寄られ慣れているんで、相当なハイスペ男子じゃないと、セフレには持ち込めないんです。アプリで初めて会うのに、攻め攻めの格好をしてくる女性は、だいたい発展性がないです。

セフレとして狙い目なのは、無防備な露出感のある人。これ、けっこう載せている写真からもわかります。こういうタイプは、性に対してオープンな可能性があるから、割り切った付き合いに持ち込みやすいんですよね」(Yさん・28歳男性)

 

 

3:まとめ

全然そんな気はないのに、マッチングアプリで会った男性から「セフレになれそう」とか思われていると思うと、それはただの迷惑を超えて恐怖ですよね。

相手にそう思わせる言動をしないように気をつけてください。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!