そうだったのか!超意外「男性にあげてはいけないプレゼント」2つ

女友達へのプレゼントなら、オシャレでカワいいグッズなどをあげれば良いので簡単ですが、男性への贈り物って頭を悩ませてしまいますよね。 最近は、サラリーマンでも、夏にはネクタイをつける人が激減したため、プレゼント候補からネク…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そうだったのか!超意外「男性にあげてはいけないプレゼント」2つ

女友達へのプレゼントなら、オシャレでカワいいグッズなどをあげれば良いので簡単ですが、男性への贈り物って頭を悩ませてしまいますよね。

最近は、サラリーマンでも、夏にはネクタイをつける人が激減したため、プレゼント候補からネクタイを外さざるをえなくなり、ますます、プレゼント選びに困っている女子が続出している様子。

そんななか、女性が男性に贈りがちだけど、「これを貰っても困る!」というアイテム2つが明らかに!

男友達が多い筆者が、実際に彼らから聞いた、プレゼントに関する男の本音を紹介したいと思います。

 

■財布と時計は自分で選びたい!

毎週末、外国人の友達と集まり、ワイワイとお酒を飲みながら会話を楽しんでいる筆者ですが、ある日、女性から貰うプレゼントについて男性陣が語り出した時のこと。

彼らが、今まで女性から貰ったプレゼントで、一番困ったアイテムとして“財布と時計”を挙げていたのです。

女としては、財布と時計って毎年あげるようなアイテムではないものの、プレゼントとして1回は選びそうな物だけに、「ええ!? そうなの?」と驚かざるを得ませんでした。

何でも男性側の言い分としては、「毎日使う物だからこだわりがあるし、財布と時計は自分で選びたい」のだそう。

そして、そのうちの一人が、元カノにされたトンでもないエピソードを披露し始めたのです。

なんでも、彼は昔、元カノから高価な革製の財布をプレゼントされたのだそう。

ところが、彼は財布は黒と決めていて、彼女から貰った財布のカラーは茶色。

しかも、彼は財布にチェーンを付けて、いつもジーンズのベルト通しに引っ掛けているのですが、プレゼントされた財布には、チェーンを取り付けられるような穴やパーツがなかったのです。

そこで、財布を使わずに置いたままにしていると、ある日、元カノが彼の古い財布の中身を全部出して新しい財布に入れ替え、古い財布をゴミ箱に捨ててしまったのだとか!

彼は、元カノの暴挙に激怒し大喧嘩になったそうですが、財布をプレゼントするなら、一緒にショッピングに行って選ばせた方が良いかもしれません。

また、「勝手に男の財布に触るなんて、絶対にあってはならないこと!」だとも言っていたので、彼氏や旦那様の財布にはタッチしない方が無難なようです。

 

いくら高価でも、趣味じゃない時計をプレゼントされたら困る!

その場にいた男友達は、今までに、元カノや奥様から時計を贈られた人が数人いたのですが、「高価で品の良いデザインなら喜んでもらえるはず」とパートナーを想う女性の気持ちは、簡単に踏みにじられてしまうことも判明。

奥様から、高価なブランド品の時計をプレゼントされた男友達の一人はアメコミオタクで、いつも彼は、バットマンのデザインが施された腕時計を身に着けていました。

ところが、彼が奥様から貰った時計はベルトが革製で、紳士が付けるような落ち着いた感じのデザイン。

明らかに彼のスタイルではなく、結局1回も身に着けることなく、引き出しに眠っているそうです。

女としては、「一般的にウケが良いから」とか、「ブランド物で機能も良いし、気に入ってくれるはず」と思いがちですが、的外れなデザインだと、喜んでももらえないうえ使ってももらえないハメに……。

 

■どんなプレゼントなら喜ぶの!?

では、プレゼントとしてパっと思い浮かびやすい財布と時計がダメだなんて、一体何をあげれば喜ぶのでしょうか!?

その会話に加わっていた男友達6人は、「誕生日なんてどうでもいいから、プレゼントなんかいらない」と答えるではありませんか!

とはいえ、「何もあげない訳にはいかないでしょ」と粘る筆者に、ほとんどが、「じゃあ、ご飯に連れて行ってくれるとかで十分」と答え、その他に食べ物や飲み物などの“なくなり物”、好きな物が買えるギフト券やカード、趣味で日頃から欲しがっていた物などが挙がりました。

やはり、高価なプレゼントはお返しのプレシャーもかかるし、相手の気持ちを重~く感じてしまうとの意見が。

また、特別にセクシーランジェリーなどを着て、思いっ切りベッドでエッチな演出をしてくれたら嬉しい、との答えもありました。

 

彼のことが好きだったら、つい大枚はたいて高価なプレゼントを贈りたくなってしまいますが、男にしたら重荷にしかならないようです。

なので、彼にリクエストされた時以外は財布と時計を避け、特に交際がスタートしたばかりの頃は、食事に連れて行く程度が適当のようです。

あまり“好き好き”モードを炸裂させずに、彼の好みや趣味に気を配りつつ、彼が喜んでくれるようなプレゼントを贈りたいものですね。

 

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!