いるいる〜…「男からも女からも」好かれたい女子の痛いカン違い3つ

どうせモテるならオトコからだけでなく「同性からをもモテを総ナメにしたいっ!」という人気者願望を抱いている女子もいますよね。 そうなると、目指すべきは“サバサバ系の全方位外交的な女性像”になりがちなのですが、実際のところ“…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いるいる〜…「男からも女からも」好かれたい女子の痛いカン違い3つ
どうせモテるならオトコからだけでなく「同性からをもモテを総ナメにしたいっ!」という人気者願望を抱いている女子もいますよね。

そうなると、目指すべきは“サバサバ系の全方位外交的な女性像”になりがちなのですが、実際のところ“自称サバ子”的な全方位外交をしちゃう女子って、オトコから見ると「うぜぇ!」という対象でしかないリスクも高めなんです。

そこで今回は、オトコからも女からもモテる人気者を目指す女子の痛すぎるカン違いを3つご紹介していきましょう。

オトコが「イイな」と思う方向性とは、似て非なるものなんです!

 

■1:頼るべきシーンで甘えない

サバサバ系女子とはいえ、“女の子”ですから甘えるべきシーンやオトコに頼るべきシーンだってあるのがラブのセオリー。

ところが、サバサバ系を意識している女子ほど「オトコに甘えるなんて、モテを狙いすぎてムリッ!」と自立しすぎてしまう失態を犯しがち。

オトコに甘える=女を武器にしている、と過剰に意識してしまい、本来は甘えるべきシーンでも強がってしまう傾向があるんです。

オトコから見て強すぎる女は恋愛対象からハジかれがちですから、女子からは好感度が高くても、オトコが胸キュンする女性像からは程遠くなってしまいます。

 

■2:常に女友達を優先しまくる

男性からも女性からもモテる女性は、オトコを最優先にしない潔さやカッコよさを兼ね備えているイメージがありますよね。

とはいえ、オトコにしてみれば常に異性よりも同性を最優先にしまくっている女に対しては、「オトコに興味ないんだろうな」ってバッサリとラブ対象からハジいてしまうのも悲しいけれどリアル。

常にオトコを優先して女友達をないがしろにする女子は、同性からモテないのは間違いない一方、常に女友達を優先する潔さはやりすぎになってしまうんです。

プライオリティは、“さじ加減”が大事ってことですよね。

 

■3:褒め言葉に無反応

「かわいいね」「美人だね」と褒められたとき、日本人の美徳として“まずは謙遜”という文化もありますよね。

オトコから褒められているときに露骨にはしゃいでいるのは、オトコに好かれたくてぶりっ子しているように感じちゃう女子もいるかもしれません。

ですが、オトコがせっかく「かわいいね!」「美人だね」って褒めてくれているときに、あからさまに無反応を気取っているのは“人気者モテ”からは程遠い振る舞いに……。

女子からみればブリブリせずに潔く見える対応でも、オトコからは「可愛げがナイ女だなっ!」とバッサリ思われちゃうんです。

 

いかがですか?

男女問わずにモテる女性を目指したいからって、サバサバ系の加減を間違えてしまうと女からはモテてもオトコからは非モテな女に一直線ですよね。

あなたの周囲でも「男女問わずにモテたい!」と勢いよく狙っている女ほど、変なカン違いをしている傾向がありませんか……?

 

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!