今すぐ仕掛けちゃえ!彼に「付き合おう」と言わせる3メソッド

とてもいい感じなのに、なかなか交際にまで発展できず、もやもやしていませんか? 恋愛はタイミングが大切なので、グダグダしていると他の女性に先を越されてしまいますよね。でも彼の顔を立てたり、女としてやっぱり男から告白してもら…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とてもいい感じなのに、なかなか交際にまで発展できず、もやもやしていませんか?

恋愛はタイミングが大切なので、グダグダしていると他の女性に先を越されてしまいますよね。でも彼の顔を立てたり、女としてやっぱり男から告白してもらいたいと思っていたり……色々とヤキモキする状態かと思います。

ならばちょっとしたテクニックを使って、彼が“告白”しやすくなるように仕向けませんか?

そこで今回は恋愛コンサルタント直伝のテクを参考に、「彼に“付き合おう”と言わせる3メソッド」をご紹介します。

 

■1:告白ぎりぎりのアプローチをする

ガラスのハートを持っている男性を告白まで駆り立てるには、自信をつけてあげる事が大切です。

男性の多くは、「告白したら絶対にOKをもらえるだろう」と確信めいたものを感じないと自ら告白しません。

ですので、あなたから言葉や態度でギリギリまで好意を見せてあげるようにしましょう。

「もうほとんど告白じゃない?」と思うくらいのアプローチをかけないと彼は重い腰をあげてはくれないのです。

 

■2:告白しやすい雰囲気を作る

そして、「好き」とは言わないもののギリギリのアプローチをかけて彼がまんざらでもない態度をとれば、仕上げの段階に入ります。

それは、あなたが自ら告白のステージを作ってあげるのです。

夜のデートや雰囲気のよいレストラン、二人で会った帰り際に「もう少し一緒にいたい」と伝えてもよいでしょう。

ただし、告白を待ってますオーラを出しすぎると男性はプレッシャーに押し潰されるので。あくまで普段の延長線上……といった態度でいるよう注意しましょう。

 

■3:揺さぶりをかける

告白のステージを作ってあげても告白できないへっぴり腰の男性には、最終手段として揺さぶりをかけるのが効果的です。

例えば合コンに誘われているとか、最近しつこくアプローチしてくる男性がいて困っている……といった、「このままだと別の男にとられる!」と焦ってしまう揺さぶりをかけるのです。

気を付けてほしいのは揺さぶりが大きすぎると男性は怖じけづいてしまうので、いきなり「職場の人からプロポーズされちゃって……」なんて大きな揺さぶりは避けて、小さな揺さぶりにしましょう。

 

いかがでしたか?

いい雰囲気なのになかなか関係が発展しないのは、男性側にあと一歩の勇気が足りないからです。だからこそ、女性側がその勇気を補い、後押ししてあげれば“告白”は目の前ですよね!

ただ待っているだけではなくこちらから“告白しやすい環境”を用意してあげられる女性こそが、勝ち組への仲間入りを果たすのではないでしょうか。

 【参考】

気になる相手からうまいこと告白させるテクニック4つ【前編】 – Menjoy!

気になる相手からうまいこと告白させるテクニック4つ【後編】 – Menjoy!

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!