コレならイケる!? 「年の差婚できる条件」3位が容姿…1位は

年の差婚にはブチ当たる壁もあるのが真実。ならば、年の差を乗り越えてでも「結婚したい!」と思える条件ってなんなのでしょうか。調査結果をもとに年の差婚をしてもイイと思える条件のトップ3をお伝えしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護にお金……、年の差婚の壁を乗り越える条件!?

付き合うだけなら年の差なんて気にならなくても、いざ結婚するとなると現実的な壁を感じちゃう女子もいるのではないでしょうか?

『Menjoy!』の過去記事「介護にお金…“5歳以上”の年の差婚に訪れるリアルな試練3つ」でお伝えしたように、経済的不安や親の介護など年の差婚ゆえに早く訪れる課題もあるのがリアル。

では、そんな壁を乗り越え、晴れて年の差婚するために必要な条件って、なんだと思いますか!?

今回は、パートナーエージェントが440人に行ったリサーチ結果をもとに、10歳以上の“年の差婚”に踏み切れる条件のトップ3をお伝えします。

 

3位:相手の外見が好き

ズバリ「あなたは、どんな条件であれば自分より“10歳以上年上”の相手と結婚したいと思うようになりますか」と質問をしてみると、43.0%が選び3位になっていたのは「相手の容姿が好みである」でした。

結婚となると、毎日顔を合わせる関係になりますから顔が苦手だと年の差婚に踏み切れないと思っちゃう人もいる様子。

容姿の好みって年齢差とはあまり関係がないような気がするものの、「見た目が好き!」と思えれば年の差婚の壁をブチ破る要素になると思う人もいるようです。

 

2位:尊敬できる相手

続いて、同ランキングで2位になっているのは60.0%が選んだ「相手をとても尊敬できる」でした。

年齢差があるからこそ、経験値に差が出やすいのも現実です。だからこそ、相手を「尊敬できる」と感じることが、結婚に踏み切れる条件になっているようですね。

「愛があれば年の差なんて関係ない」ならぬ「尊敬できれば年の差なんて関係ない!」というホンネが垣間見えます。

 

1位:価値観と性格が合う

そして、同ランキングで1位になっていたのはダントツの74.8%が選んだ「お互いの性格・価値観がとても合っている」でした。

結婚後は運命共同体になるわけですから、価値観や性格の相性は大事ですよね。

年の差がある男女は、世代間ギャップを抱えているケースも少なくないものの、だからこそ「性格と価値観がピッタリ」と思える相手って貴重です。年の差婚に限った話ではないかもしれませんが……。

 

年の差婚に踏み切れる条件のトップ3は、年の差婚ではなくても大事な要素がズラリと並ぶ結果になっていますね。

“結婚相手”を選ぶ基準は、年の差婚ならではの要素よりも運命をともにできる相手なのかが重要なポイントになっている実態がわかります。あなたは、年の差婚をして壁をブチ破る覚悟がありますか……?

  

【参考】

「年の差婚」に関するアンケート調査 – パートナーエージェント