彼女の家で食べるのが夢…!? 男が望む「魔性の手料理」1位は

男性を虜にするならば、胃袋を掴むと手っ取り早いと言われます。作るだけで彼が惚れ直してくれる料理があったら、作ってみたいと思いませんか? 今回はフードアナリストの筆者が、500名の男性に行ったリサーチ結果をもとに、彼女の家で出てくると無条件に惚れ直しちゃう手料理のトップ3をお伝えします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

胃袋を掴んで惚れ直させる魔性のメニュー!?

カレシが家に遊びに来る日には、腕によりをかけて手料理をふるまうという女性も少なくないでしょう。

昔から「男を虜にしたいなら胃袋を掴め」とか言われます。確かに、大好物を作ってあげるだけで、予想以上に大喜びしてくれる男性は多いですよね。

一方、まだカレシの大好物を把握しきれていない段階では、何を作ってあげたらいいのでしょうか?

いわゆる“ご馳走”を作ってあげるとすれば、具体的に、どんなものが男性に喜ばれるのでしょう。

「彼女の家に遊びに行った時に出てきたらテンションが上がりまくって惚れ直す“ご馳走手料理”を3つまで選んでください」

と、男性500人に複数回答で聞いてみた結果をご紹介します。

 

3位:具だくさんのチラシ寿司

3位には17.6%が選ぶ「具だくさんのチラシ寿司」が選ばれる結果となりました。

チラシ寿司は作るのがカンタンな割に、手っ取り早くご馳走感が出ますから多忙な女性には便利なメニュー。

カレを惚れさせるポイントとしては、「これでもか!」というぐらいにてんこ盛りにする“具”にありそうです。

 

2位:黒毛和牛のハンバーグ

続いて、同ランキングで2位になっている手料理が17.8%が選んだ「黒毛和牛のハンバーグ」です。

ハンバーグはニッポンの食卓で1位2位を争うほどの定番人気メニューのひとつ。そこに“黒毛和牛”というブランドフレーズがくっつくことで、このうえない喜びを抱く男性も少なくなさそうですよね。

“黒毛和牛”は超高級食材というイメージもあるなか、ひき肉であればステーキ肉より安価に買えるのが魅力的。

彼のためにこねこねしてハート型なんかに成形すると、より手作り感を表現できそうです。

1位:ネタの多い手巻き寿司

そして、同ランキングで1位になっていた魔性のメニューが19.6%が選んだ「ネタの多い手巻き寿司」でした。

3位の“チラシ寿司”といい1位の“手巻き寿司”といい、オトコってお寿司が大好きなんですね。

手巻き寿司なら食べる前に自分で巻いてくれる便利さもあるので、準備するのは具材と酢飯と海苔ぐらいのもの。

それなのにネタを多く揃えておくだけで、ご馳走感も増します。揃えたネタに好物が複数入っていれば、「俺のことわかってるよなぁ~!」と超絶感謝されるメニューになりそう。

 

いつものゴハンにちょっと付加価値を加えるだけで、テンションが上がって惚れ直してくれる効果まで見込めるなんてスゴイですよね。

次回のお家ゴハンでは、ぜひ彼が惚れ直すメニューを積極的に出してみてください。