女医が教える「世界で一番メジャーな体位」とそのコツ6つ【後編】

前編では、世界で最もメジャーな体位である『騎乗位』に対する女性側の意識ポイントを3つ挙げさせていただきました。後編では男性に与えられる快感について掘り下げてみたいと思います。 解説は引き続き、『女医から学ぶあなたの魅力が…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前編では、世界で最もメジャーな体位である『騎乗位』に対する女性側の意識ポイントを3つ挙げさせていただきました。後編では男性に与えられる快感について掘り下げてみたいと思います。

解説は引き続き、『女医から学ぶあなたの魅力が10倍増すセックス』の著者である女医の山下真理子先生(写真)です。

 

■4:疲れ気味な彼を元気にする!?

「女性にとっては少々ハードルが高い体位かもしれませんが、男性にとってはメリットが多いのが騎乗位です。なんといっても“女の子に犯されているみたい”というのが男性にとってはたまらない視覚効果になります。

男性は女性よりも、視覚で興奮する割合が高いので、それを活かせばちょっとお疲れ気味な彼も元気にすることができるでしょう」

前編にあった疲れない動き方をマスターすれば、女性側だけが疲れてしまうことも防げますね。

 

■5:遅漏男性にも効果を発揮

他にも騎乗位は、遅漏の男性にも効果を発揮するのだとか。

「男性側が腰をそんなにも動かさなくても良い騎乗位は、快感に集中しやすく男性がイキやすいという意見も耳にします。遅漏の男性とのセックスで、“自分に自信がなくなってしまった”ということになる前に、自分から積極的に動いて騎乗位を試してみる価値はあるでしょう」

 

■6:セックスレス解消に?

さらに、マンネリ気味なカップルやセックスレスぎみなふたりを燃え上がらせてくれるような要素もあるそう。

「最近ご無沙汰な男性にとっては、女性の胸が揺れるのを下からの眺めるというのが、やはり強い視覚効果をもたらすようです。彼が特に胸フェチというわけではなくても、非日常を簡単に味わえる体位ですので、やってみて損はないはずですよ」

 

いかがでしたか? まだまだ、騎乗位に対して「気持ちいいところに当たらないのに疲れてしまう」という女性が少なくないのが現状ですが、少しの努力で彼にもあなたにも最高の快感が訪れるのものなので、敬遠せずにチャレンジしていくことをオススメします。

 

【参考】

※ 山下真理子(2010)『女医から学ぶ あなたの魅力が10倍増すセックス』 ぶんか社

山下真理子・・・女医。岡山県出身。京都府立医科大学医学部医学科卒業後、医師免許を取得。テレビや週刊誌等で活躍する美人女医。最近では、EDGE STYLEやチャクラ、ポコチェ等、女性誌への進出も拡大している。愛のある辛口(カラクチ)女医としても有名。愛称はマリリン。