元カレのは何だったの!? 「私がついに経験した」本当のエッチ4つ

みなさんは“本当のエッチ”を経験したことがありますか? 「本当のエッチってなんですか?」「偽物のエッチがあるんですか?」と思うかもしれませんが、自分がそう感じたなら、それが本当のエッチ。『Menjoy!』が50人に聞いたアンケート結果を元に、官能小説家の小川沙耶さんに“本当のエッチ”について解説していただきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:愛がある

「本当に愛している人とするエッチ」(20歳/台東区在住)

「ずっと好きだった人と、やっと付き合ってするエッチ」(21歳/目黒区在住)

ー「愛がある」エッチが本当のエッチだという意見がやはり多数ありました。いかがでしょう、沙耶さん?

沙耶「気持ちがあるのと、ないのとでは、やはりエッチの質が違いますよね。“愛”以外の感情でも、気持ちを入れられるとすごく質の高いエッチになりますが、そこはやはり倒錯気味。一般的には、“愛のあるエッチ”に真実を見出すでしょうね」 

2:気持ちいい

「今のカレのエッチ、気持ちよすぎ。元カレのは何だったのかと思う」(23歳/大田区在住)

「下手な人と上手な人で違いすぎ。下手な人とのエッチは、経験人数にカウントしていない」(22歳/埼玉県上尾市在住)

ー「気持ちいい」エッチが、本当のエッチ。というか、気持ちよくない偽物エッチがあるという意見でしょうかね……?

沙耶「先ほどは“気持ち”の問題でしたが、これは“カラダ”の問題ですね。いくらすごく好きな人でも、力のコントロールができず、思いっきり、わしゃわしゃと揉まれたら、気持ちいいどころか痛いですからねぇ。それなら腰を揉んでくれと……」 

3:時間がかかる

「前のカレが早すぎて、次のカレとしたときに、“こ、これがエッチか!”と思ったことがある」(20歳/江東区在住)

「いつも自分が気持ちよくなる前に、相手が終わっちゃってたけど、はじめて自分も気持ちよくなれたとき」(24歳/中央区在住)

ーちゃんと時間たっぷりできるのが、本当のエッチという意見ですね?

沙耶「早い男子は、本当に早いですから。エッチ嫌いな人にはちょうどいいのかもしれませんけど、その子がエッチ嫌いなのは、早すぎる男子のせいだということも考えられますよ。早い男子しか知らない人は、注意したほうがいいですね」 

4:ひとつになった感

「愛する人と、ひとつになれた感覚」(21歳/千葉県千葉市在住)

「ひとつにつながっている感覚があるとき」(23歳/品川区在住)

ー本当のエッチには、“ひとつになった感”があるという意見ですが、いかがでしょう? これは、わかる気がします。

沙耶「愛する人とつながって、溶けてひとつになってしまったような感覚……。ロマンチックでいいですね。ここまで陶酔感をもてる相手は、カラダ、心、すべての相性がよく、なおかつ、自分をさらけ出せるのでしょうね」 

女子が体験した「本当のエッチ」について、官能小説家の小川沙耶さんに解説いただきました。愛する人と、一緒に気持ちよくなれるのは、最高の瞬間。だからこそ、相手がだらしないと、その“愛”すら疑わしくなってしまうのかもしれませんね。

  

【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。著作に『女性社員から「きもい」と言われない働き方』ほか、多数。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!