飽きない…好きが止まらないッ! 「一生傍に置きたい彼女」の特徴3つ

モテテク・モテメイク・モテファッションを駆使してようやく彼を手に入れたというのに、彼から「飽きた」「結婚相手にはちょっと……」なんて言われて破局してしまっては元も子もありませんよね! そう……最終的に必要なのは、男性たちが“一生傍に置きたい”と思う彼女になること。今回はその特徴をご紹介しましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:犬ではなく猫を目指す

男性に飽きられないためには、犬系彼女ではなく猫系の彼女を目指す必要があります。

犬は主人の言葉に忠実で、主人に好かれるために一生懸命せっせと努力しますよね。

しかし、犬のように彼氏中心で世界が周り、彼に対してはいつもYESマンでいると、男性とあなたとの関係は対等ではなく、主従関係になってしまいます。

すると、男性側はあなたの価値を感じなくなり、交際に刺激を感じずにすぐに飽きてしまうのです。

恋愛を長続きさせるためには、猫のように「自分」を軸に置き、彼と同等の関係を築く必要があります。

自分をしっかり持ち、時にNOといえる強さを持つ事が、飽きられない彼女の必須条件なのです。

 

2:適度な距離を保つ

適度な距離を保つ事も、飽きられない女性になるためには必要不可欠。

誰かを好きになると「ずっと一緒にいたい」「もっと相手に近づきたい」と思いますよね。

ですが、灯台元暗しという言葉がある通り、人間は距離が近すぎるとその価値や本質、全体像が見えなくなってしまいます。

常に彼の近くを占拠していると、彼はあなたの事が見えなくなったり、いて当たり前と思ってあなたの有り難みを感じなくなったりするのです。

お互いに新鮮な気持ちを持続させるためには、状況に応じて柔軟に近づいたり離れたり距離を調整し、適度な距離感を保つ事が大切になってきます。

 

3:会話は相手ベースを基本にする

恋愛でお互いを「知りすぎる」事は、時にマイナスに働いてしまいます。

恋をしていると「もっと相手を知りたい」「もっと自分を知ってほしい」という気持ちが強くなりますよね。

しかし相手を知りすぎると、行動パターンが単調になり、お互いの存在に何の刺激も感じなくなってしまいます。

分からない部分がある方が、相手の事をよく考え、相手の存在を意識するようになるのです。

また男性は、相手の話を聞くよりも自分の話を聞いてもらう事で好意を高める生き物です。

好意を抱いている相手にほど、男性は自分の話をしたがるんですよ。

なので、会話では自分を知ってもらう事よりも相手の話を引き出す事をベースに話すよう意識しましょう。

 

お気付きかもしれませんが、つまり“一生傍に置きたい彼女”というのは、彼に尽くしすぎない彼女でもあるわけです。

彼に尽くしすぎ・依存しすぎな自覚がある女性は、ぜひこの機に、少し彼と距離を置いてみましょう。

彼の意外な一面や、今まで見せなかった優しさを知る事ができるかもしれませんよ?

 

 

【参考】

現役ホステスが暴く!「男に飽きられるNG女」の実態【前編】 – Menjoy!

現役ホステスが暴く!「男に飽きられるNG女」の実態【後編】 – Menjoy!